« 出張土産 | トップページ | つづく幸せやってきたその5 »

2005年11月10日 (木)

私も「メガネ男子」好き

 森公美子さんには霊感があると言うのは、どこかで聞いたことがあった。「オーラの泉」で美輪さん、江原先生と並ぶと、江原先生が仰ったように、霊能者の方は恰幅のいい方が多いんだなということが一目瞭然。御三方とも歌をお仕事にされているのも共通、霊能者とは声もいい方たち、ということでしょうか?

 そして、御三方とも、霊に道案内されるので、知らない土地でも迷わなかったり、逆に同じところをぐるぐると回されたりすることも有るらしいです。昔、一条ゆかりさんの「有閑倶楽部」にも霊能者の方が強い霊に道を迷わされて、目的地に辿り着けないという表現があったけど、本当なんだ~と妙に感動。

 森さんのお父さんのお写真を拝見した瞬間、ちょっと体が硬直するような、なんだろう、緊張というのかそんな感じを受けました。「返してくれるのは笑顔で充分」というのが口癖の奉仕の方だったそう。森さんを見れば、愛されて育った方だってわかりますよねw。

 森さんは、御二人がすごく言葉を選ばれているのを指摘されると、美輪さんが、「誰かみたいにグサッと投げ捨てる、切り捨てるやり方もあるけれども、この番組はあくまでも、ゲストの方に決して恥をかかしちゃいけないっていうのがモットーだから」とキッパリと仰っていたのが、とても清々しかったです。美輪さんよりも年齢も下、芸暦も短い方ばかりがゲストで来ているというのに、人前で恥をかかせるということが、どんなにいけないことであるのか、美輪さん御自身が態度で示すことによって、私たちに教えてくれている気がします。
 
 余談ですが、美輪さんは金髪より、茶色のショートヘアのウイッグの方が素敵ですね、お若い時の写真もショートヘアが素敵だった。

 

 さてさて、昨日はちゃんとお土産を買ってきてくれた、良い子のダンナでしたが、今朝は起き抜けに自分の眼鏡を踏んづけて、フレームを留め金のところで粉砕してくれた…。いつも、枕元に置かないと踏むよ、と声を掛けていたんだけど、まさにその通りになってしまった。言霊っていうこともあるから、「踏むよ」って言い方はいけなかったなぁと、私も反省。しかし、本当に茶碗は割る、傘や定期は失くす、眼鏡は壊す…。他にいいところが色々あるとわかっているので、まあ許せるけど、本当に困ったちゃんだ。He is a scatterbrain.

 

 そう、本が出版されたり、mixiでも盛り上がってるみたいだけど、我が家の子リスダンナも「メガネ男子」ですw。

|

« 出張土産 | トップページ | つづく幸せやってきたその5 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/7028947

この記事へのトラックバック一覧です: 私も「メガネ男子」好き:

« 出張土産 | トップページ | つづく幸せやってきたその5 »