« 仲直りの銀シャリ | トップページ | 肩凝りシーズン到来! »

2005年11月17日 (木)

愛の波動

 昨日の「オーラの泉」、ゲストは鶴見辰吾さん。鶴見さんの場合、守護霊にご自身の前世でもある山伏と、自然霊(この世に肉体を為したことのない霊)である天狗系の霊的なエネルギー体がいらっしゃって、「鶴見さんの様々な願望や不思議な体験は守護霊の山伏と天狗によって説明が付く」とのことで、美輪さん、江原先生は、鶴見さんのあまりに素直な性格に大うけしていた。自然霊は誰もがその影響を受けているということだが、とりわけその影響を強く受けている人は性格にもそれが現れて来るそうで、江原先生は代表的なものとして、以下の3つを挙げられていらした。

  • 龍神系の性格…喧嘩っ早い。短気で気が強い、人に対しては気前が良い。
  • 狐霊(稲荷)系の性格…小賢しくて失敗する。大胆なところがなくて、おっちょこちょい。
  • 天狗系の性格…生まれながらの理想主義者で、自分の鋳型を相手にはめたがる。全てにおいてマイペースの芸術家タイプ。

 つまり、天狗系の性格を体現したような鶴見さん、周囲の人々はそのとばっちりを受けて、とても大変なのだそうだ。また、母方のお祖父さんがある種の霊能者で、その方と鶴見さんとはツインソウル、「誰もが必ず持つ」と言う魂の家族グループソウルからは、本来、同じ時代には1つの魂が生まれ出るはずが、まれに2つの人に分かれて生まれて来ることがあり、それをツインソウルというらしいが、鶴見さんとお祖父さんの2人は、ツインソウルとして強い絆を持っているとのことだった。そして、お祖父さんのことに話が及ぶと鶴見さんが感極まったようなお顔になり、こちらまで涙が出た。「オーラの泉」はプレの回から全て見ていますが、初めて美輪さん、江原先生の仰る"愛の波動"を感じた気がしました。鶴見さんご本人が表現されたように、私の中で鶴見さんという方は"北風と太陽"なら北風のような方と思っていたけれど、太陽の暖かさを感じました。素晴らしかったです。

 

 今朝は7時半から、調子の悪いノートパソコンの再生のため、再インストールをすることにしました。もう、スキャンディスクもデフラグもかけられない程だったので…。ファイルの保存、再インストール、余分なソフトの削除、インターネットに接続、ウイルスソフトの体験版のインストール、スキャンディスク、デフラグとやって、夕方6時過ぎまでかかっちゃいました。それでも、このノートパソコンを気に入っているので、ダンナの仕事のお供に使ってもらえれば、捨てなくて済むもんね。折角2台をインターネットに繋げたことだしね。

 

 ところで、今日の「天才!志村どうぶつ園」、アニマルコミュニケーターのジョイスさんが、日本人初のゾウ使いだった坂本哲夢さんの相棒、ゾウの"ランディ"に会いに行っていた。坂本さんのお母さんは、13年前に夭折した哲夢さんの写真や思い出の品を、ランディが見たいと思っているかどうか知りたがっていた。ジョイスさんは、多くのゾウの中からランディを探し当てたばかりか、ゾウ達の中でランディだけが歯を患っていることはもちろん、「市原ゾウの国」に来る前はサーカスでまるで物のように乱暴に扱われていたことや、哲夢さんが指示を出す棒で優しく撫ぜてくれたなど、ランディが語るという思い出の数々を話し、お母さんを驚かせていた。またランディは、哲夢さんのお母さんが決心して、13年ぶりに見せた哲夢さんの写真をその鼻で何度も優しく撫で、指示棒を鼻でつかんで、自分の体にこすり付けた、まるで、哲夢さんはこうしてくれていたんだよと、ジョイスさんに教えるかのように…。私も、志村さんやベッキー、山瀬まみちゃん、三船美佳さん、さくらさんらの出演者の皆さんと一緒に号泣してしまった。ゾウとは何と素晴らしい生き物なのでしょうか。哲夢さんの棺の納められた霊柩車に向かって、泣き叫ぶランディの姿が胸を締め付けた…。

 

 さてさて、今日はボージョレー・ヌーヴォーの解禁日でしたね。ワイン通ではないんだけど、まあ、ワインとボージョレーは似て非なるものとして、我が家ではお値打ちなものを楽しんでます。以前職場の上司が飲み比べ会を催してくれて、6・7本のボージョレーを試飲した中で、フランス三ツ星料理店のタイユバンのものより、最もチープなものが口に合ったへなちょこな私達…。I can't tell a good wine from a bad one. 今年のボージョレーは100年に1度の出来だそうですよ、土日辺り、スーパーで買って気軽に飲むとしますか!

|

« 仲直りの銀シャリ | トップページ | 肩凝りシーズン到来! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/7175378

この記事へのトラックバック一覧です: 愛の波動:

« 仲直りの銀シャリ | トップページ | 肩凝りシーズン到来! »