« 迎春 | トップページ | 好敵手 »

2006年1月 3日 (火)

新選組!!

 新年早々、相変わらずのTV・TV・TVな1日。電車男の再放送も楽しめたけど、バーゲンに行く予定を取りやめたのは、何と言っても、「新選組!」の総集編と「新選組!! 土方歳三 最後の一日」のため。

 

 本放送はもう、一昨年のことになちゃったんだなぁ、感慨深い。三谷幸喜さんのドラマをリアルタイムで見たのも、大河を最初から最後まで見たのも、「新選組!」だけ。なんてったって、入院中も見てたもんね。三谷さんの作品はキャスティングも好き、本当の新選組も若い人の集まりだったのだから、楽しいこともいっぱいあっただろうなぁ~と思いながら見ることが出来た。総集編で残念だったのは、監察の山崎さんが一瞬しか映らなかったこと。

 

 「新選組!を語る」では、若いキャストやスタッフの間で、1番人気のあった女優さんが鈴木京香さんだったという話が説得力があり、面白かった。そうそうたる面子の中、藤原竜也君だけが京香さんにバレンタインチョコレートをもらったというエピソードも、「新選組!」で藤原くんの沖田が京香さんのお梅さんに可愛がられていたことが思い出されて、興味深かったです。

 

 本放送では、一緒に軍議を取り仕切った相方だった山南さんを失って、号泣した"山本"副長は、その後さらに深みのある人物になった気がしていたから、「新選組!! 土方歳三 最後の一日」で、山本耕史さん演じる土方歳三が、堺雅人さんの山南さんを"武士の中の武士"として尊敬し、一目置いていたことが改めて描かれていて、嬉しかった。The sequel has more of a story line. "香取"局長のことを、"山本"副長が「ロマンチ」と呼んで懐かしんでいるシーンや、ワインやサンドウィッチを食べるシーンも、三谷ドラマならではという感じで楽しめました。

 

 これでまた、三谷さんの「ありふれた生活」3・4を読み返す楽しみが出来ましたw。エッセイには、本放送中、三谷さんが視聴率の低迷やバッシングにお悩みだったことが書いてありましたけど、続編が描かれるのは、大河史上初の快挙とのこと。応援してる人だって沢山いる証拠、私も自分のことのように嬉しいです。

 

 「里見八犬伝」は昨日からチラ見してますが、ワダエミさんの衣装の豪華さだけが目立って、内容は浅かったような…?今日のもう1つの三谷ドラマ「古畑任三郎」は、ビデオに撮りましたよ~(*^^)v。

 

<関連記事>

応援してますよ!三谷さん!

 

*オススメサイトへのリンクです*

Shinsengumi Express!!快速!新選組!!サイト!!!

|

« 迎春 | トップページ | 好敵手 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

初めまして。TBさせていただきました。

「ありふれた生活」での大河に苦渋する三谷さんは新聞連載では読んでいたのですが、まとめて読んでいなかったので単行本を買いました。

あわせて買った今回の続編ムックで改めてこの作品がどれだけ関係した人(出演者、スタッフ、そして三谷さん)に愛されていたかをたどることができました。視聴率を求めて一喜一憂するだけでなく(「古畑」ファイナルで松嶋菜々子を通じて言わせていましたね)見ている側にどれだけ訴えられるか、ということを改めて考えさせられました。

追伸:「新選組!を語る」でチョコをもらったのが竜也君だけと知って動揺するみんながおもしろかったですね。京香さんが佐藤浩市さんにはあげていたのか、今も気になっています。

投稿: ruko | 2006年1月 7日 (土) 10時44分

rukoさん、こんにちは。

私の場合も、三谷さんという劇作家を認識したのは、やはり「古畑任三郎」です。
「やっぱり猫が好き」も見てはいたのですが、脚本家を意識してはいませんでした。
三谷ドラマは、ファンと言いつつも、リアルタイムで通してみたのは「新選組!」だけで、後のは見逃した回を再放送で補って見てるって感じです。
逆にエッセイはほとんど読んでいるので、三谷ドラマファンというより、三谷エッセイのファンですねw。

最終回の犯人を劇作家にするという設定は、心憎いですよね。三谷さんの役を松嶋菜々子!?って思いましたもん。
またやって欲しいですね、「古畑」。

投稿: いいぶう | 2006年1月 7日 (土) 15時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/7988475

この記事へのトラックバック一覧です: 新選組!!:

» 土方歳三、新選組の最期とは何だったのか [Spotlight 英語で歩く、噂の現場-Scanworld-ホンモノで学ぶ、英語を学ぶきっかけ探し]
明治以降、近代化・西洋化の道をひた走った日本で、いまなおその流れに逆行した新選組が人気を集めるのはなぜでしょう。江戸幕府、最期に咲いた一輪の花は、函館の地で虚しく散ってしまいます。そう、土方歳三の死をもって、「忠義」の時代は幕を閉じてしまうのです。このお正月、一年ぶりに大河ドラマ『新選組』が、お茶の間に帰ってきました。一昨年の総集編の後、ようやく、「土方歳三 最期の一日」と題する大河ドラマ初の続編が放送されました。局長の近藤を失い、隊を離れた土方はその後も敗走を重ね、奥州、...... [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 10時16分

» 「新選組!!」BS2放送前のおさらい [new雑記帳]
「新選組!! 土方歳三 最期の一日」、7日のBS2の放送(19:30-21:00)でラストです。せっかく張り切ってハイビ [続きを読む]

受信: 2006年1月 7日 (土) 10時39分

» 茨木司に成る! 新選組隊士 NHK新選組を語る【動画】 [ブロードバンドハウスひかり荘スタッフ日記]
2006年今年の正月番組で話題になったドラマのひとつに脚本家・三谷幸喜さんの新選組!続編 : NHK正月時代劇「新選組!! 土方歳三 最期の一日 」 がありました。(主演、土方歳三役の山本耕史さんはこの番組の宣伝のためか、紅白歌合戦白組の司会も勤められましたね) そん...... [続きを読む]

受信: 2006年1月 8日 (日) 09時41分

» 山本耕史 -新選組!! 土方歳三 最期の一日- [ぐぅちゅえんの見たり読んだり]
NHKが、一昨年の大河ドラマ「新選組」人気に 味を占めて製作した正月時代劇。 土方歳三が、函館で榎本武揚と共に 新政府軍との最後の戦いを描いた、 「新選組!! 土方歳三 最期の一日」 なんだけどねー。 3日の午後3時過ぎから、ずーっと、新選組の 感動しどころ... [続きを読む]

受信: 2006年1月15日 (日) 14時32分

« 迎春 | トップページ | 好敵手 »