« 本日、BGMはゴダイゴです。 | トップページ | 当たった…(.*´Д`*) »

2006年1月21日 (土)

土曜日は長い長いTVのお話

 「チャングムの誓い」、第14話「蜂の針」。菜園の責任者のウンベク、再登場!チャングムは、味覚を失ったことを医者であるウンベクさんに相談に行ったのだ。そこで、蜂針療法について知ったチャングムは、蜂針療法の実験台になることを申し出るが、すげなく断られる。とは言っても、チャングムを蜂の毒でショック死させる訳にはいかないという気持ちからで、ウンベクの心配する気持ちは、チャングムにちゃんと伝わっているようだった。

 

 ここで、ミン・ジョンホがまたまた現れて、チャングムを慰めるので、ちょっと笑ってしまった、あまりにもタイミングがいいでしょ?でも、耳が不自由になってしまった楽師が優れた医者になったという話は、チャングムを慰めただけでなく、彼女の将来を暗示していて、いいシーンでしたね。「大丈夫といっても口から出まかせのようだし…」とはにかむミン・ジョンホ、素敵でした。しかし、「小さな銀杏の木は芽吹くのも難しく、孤独な竹は一人じっと青い光を放つ、暗い闇はつかの間のこと、日が沈めば黄昏はまた美しい」などと、貸した医学書に詩を挟んで送ったりするのは、ちょっとキザだし、ひょっとして見つかったら恋文として処刑ものでは?

 

 チェサングンは、陰謀に長けている一族の人だけあって、鋭いところが有り、チャングムの味覚喪失に気付いてしまう。チェゴサングンの言い付けで、オリジナルの創作料理を競うシンミジェの審査をハンサングンとチェサングンが任されることになり、チェサングンは、そのシンミジェの際、ヨンノにわざと塩辛い雉の煮物を作らせて、チャングムを試し、味覚が失われていることを確信、チェゴサングンに注進する。チェサングンは卑怯者だけれど、チャングムの独創性に一目置いているところは、感心だ。一方、チェゴサングンは、チャングムの味覚喪失の真偽を確かめるためとはいえ、砂糖水・塩水・酢水と言っておいて、全部ただの水を出してチャングムをたばかったようなテストを行うのは、ちょっとズルイ。

 

 窮地に立たされてたチャングムは、結局ウンベクに迫って蜂針療法を試させる。また、料理人のカン・ドックが、味覚に効くという豚の胆嚢をチャングムに食べさせていたが、あれは、正しいと思う。私は、一昨年の夏、脳下垂体腫瘍の除去手術を受けた後、味覚を失ったのですが、現在も毎日服用しているコートリル錠という超苦~い薬の味だけはわかったため、毎日ほんの少し苦いような気がするだけのコーヒーを、治ると信じて飲み続けたからです。A bitter flavor evokes a taste sensation. おかげさまで、私もチャングム同様、年が明ける頃にはもうほとんど気にならない程に回復しました。だから、私としては、自分の経験に基づき、ウンベクの蜂針療法だけでなく、カン・ドックの働きも評価してあげたいと思うのです。チャングムは、蜂の針の効能の上に、豚の胆嚢の苦味の刺激によって味覚を呼び覚ましたのだと。カン・ドックが鯨の肉の味を牛肉と評したことも、チャングムの料理が御前に上ることになった遠因でしょうしね。

 

 さて今日は、鍋を囲みつつ、義母が正月に「うちのご飯は美味しい」と厭味を言ってきた件について、切り出した。ダンナが一言、「うちのご飯も美味しいよ」と言ってくれていたら、私の気は済んだのだ、という話。タイミングを計って言ったためか、ダンナは珍しく神妙に聞いていて、「わかった」と言った、大成功!先日は、「俺もお前の実家に言った時は、我慢してるんだから、我慢しろ!」だった、大進歩だ。私に言わせれば、義母に厭味を言われ、不味いパック寿司を食わせれ、くつろぐことも出来ず、寒くて寒くて肩が凝るダンナの実家と、いつ行っても、焼肉や高級寿司などの高いものを奢ってくれ、食事以外は干渉して来ず、たっぷりとお土産も持たせてくれるうちの実家とでは、我慢の質が違うだろう、質がっ(゜Д゜)!って感じなんですけどね~。

 

 とは言え、今日はダンナもなかなか大人だったので、ダンナのパジャマのゆるゆるズボンのゴムを入れ変えて差し上げました。最近のゴム紐って、ゴム通しが付いてるんですね、便利になったもんだ。

 

 「BLOOD+」、第15話「おいかけたいの!」は、何と、主役級の人々は誰も出演せず。謝花真央ちゃんとか、岡村記者のようなお邪魔キャラは、お邪魔なんだけど、どこか憎めない点がないと駄目と思う、彼らには今のところ、そういった長所を見出せずにいるので、今日は正直つまらんかったです。金城香里ちゃんが言うように、あんたら小夜達の邪魔をせんといてやって、という感じだ。

 

 「氷壁」、第2話「生死を賭けた挑戦」は、寒くて苦しい回でしたね…。極限状態の中で、山本太郎さんの北沢が、玉木宏さんの奥寺に、吹石一恵さん演じる妹と結婚して、義兄弟になろうと言ってみたり、お前も鶴田真由さん演じるに惚れたのかと迫ったりしていて、いくら親友同士でも、雪に閉ざされ2人切りになるといこのは、精神に負担があるんだろうことを想像させた。

 また、北沢さんに手を付けておいて、登頂前に奥寺さんにもちょっかいを出し、2人の心を乱した罪は大きいゼ、美那子さんよ。美那子さんの兄の作ったカラビナとともに、北沢さんを死に追いやった原因はアンタにもあると思うよ、美那子さん。

 

 ところで、美那子さんが自宅で紅茶を入れるシーンで、茶葉の他に黄色っぽいものをポットの中に入れていたけれど、あれって何でしょう?

 

 あ~、土曜日って、3つもレビューを書いてて長々、読んでくれた方、ホントどうもです!

|

« 本日、BGMはゴダイゴです。 | トップページ | 当たった…(.*´Д`*) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/8274113

この記事へのトラックバック一覧です: 土曜日は長い長いTVのお話:

« 本日、BGMはゴダイゴです。 | トップページ | 当たった…(.*´Д`*) »