« 大金星に拍手!! | トップページ | ガラ・エキシビション »

2006年2月24日 (金)

冴え返る

 今日1日、荒川静香デーでしたね、ホント、おめでとうございます。I congratulated the figure skater on her record a gold medal at the Winter Olympics. ダンナは、3人の日本選手の中では、荒川さんが好きと言っていて、今朝出かける際には、ギリギリ金メダル獲得シーンまで見ることが出来、嬉しそうでした。「何回見ても感動」という台詞、今日は何度と無く聞きましたが、私の場合は、早朝、オンタイムで見たときには出なかった涙が、1日中ニュースで見続けたにも係わらず、夕方5時のNHKのダイジェストで、再びその伸びやかな演技を見ると、じわじわと出てまいりました~(遅)。女子フィギュアシングルでは、最年長のメダル保持者となったそうで、大人の滑りだったことを再認識。オリンピック直前で、フリーの曲を、世界選手権で優勝した時の曲である「トゥーランドット」に変更したり、点に繋がらないというイナバウアーを演技に組み込んだり、自分のやりたいことにこわわる姿勢が、大舞台を平常心で乗り切るという離れ業を成功させた一因なのかも。

 競技直前、会場の外でインタビューを受けていた外国人の荒川さんファンの方が、日本語で「荒川さんの熱狂的なファンです」と流暢な日本語で答えて、本番では客席で楽しげに日本語の横断幕を振っていたのが、微笑ましかった。

 

 村主さんについては、競技終了後、インタビュアーの方が、「きっと次に繋がると思いますよ」と声をかけていて、潤んだ大きな目から今にも涙がこぼれ落ちそうになるのを、必死でこらえていた姿が、強く印象に残りました。転倒こそしなかったが、ポイントの高く取れるスピンが無かったらしいのは、残念だった。村主さんの世界観は、しっかりと伝わってきたので、是非、次に繋げて欲しいと思う。

 

 安藤さんは、練習時に7回飛んで1回しか成功しなかった4回転ジャンプを、本番で飛ぶチャレンジ精神は素晴らしいが、後半足に来たのか、軸がぶれてガタガタになっていて、同様に転倒したコーエンやスルツカヤが、しっかり立て直して来たのと比べると、痛々しくて見ていられない感じでした。解説の佐藤有香さんが厳しく指摘していらしたように、スタミナ不足、準備不足だったのだろうなぁ。衣装についても、ショートプログラムの時と同じで、荒川さん、村主さんの軽やかで美しく、2人の個性に合う衣装に比べると、安藤さんのそれは、重そうで若々しく無く、何より、似合っていなかった。ワダエミさんのデザインということだけど、畑違いの人に頼んだのが悪かったのか?4年後、色々な面で成長した安藤さんを見ることができるのを期待したい。

 

 ところで、「すぽると!」のフローラン・ダバディさんによると、御歳47のジョン・マッケンローが、ダブルスの大会で優勝し、ウインブルドンの出場を決めたらしいです。トリノの影に隠れちゃってるけど、これもビッグ・ニュースだ!

 

 さて、エキシビションを見るとしましょうかw。

 

<関連記事>

ガラ・エキシビション

大金星に拍手!!

氷上の花々

|

« 大金星に拍手!! | トップページ | ガラ・エキシビション »

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

トリノ繋がりで拝見。
ウチも早起きして、夫婦して観戦しました。
御主人と同じく、出勤直前までテレビに釘付け。

出勤の電車とか駅でもちらほら話しをするヒトがみうけられました。

採点結果もそうですが、観客のスタンディング・オベーションが滑りの素晴らしさを物語っていましたね。

投稿: 石井 けん | 2006年2月26日 (日) 16時36分

石井さん、こんにちは。

最近の若くて生意気なスポーツ選手が大嫌いなのと、浅田真央ちゃんが出れなかったことで、トリノなんて何さフン!という感じだったんですが、女子フィギュアだけはと思って、見たら何と金で、感激し、調子に乗って、エキシのレビューまで書いちゃいました(^^ゞ。

私は無職ですし、ダンナは都心を通り越して通勤しているので、号外をゲット出来なかったのが、残念です。

今は、スタンディング・オベーションと聞くだけでうるっとなるほど、涙腺緩んじゃってます(苦笑)。

投稿: いいぶう | 2006年2月26日 (日) 18時29分

トリノ参加選手では個人的に滑る前後に寄声をあげたりインタビューで「自分は天才だから」などと
言い放ったりする輩がいたりしますが、そういうのは大嫌いです。

例え、自分のモチベーションなり何なりを上げるための手段だったり、アピールの手段だったりの
目的があったとしても、です。

昨日の夜放送の男子アルペンの滑走では、日本の生田選手は1回目にコースアウトしたにも関わらず、
斜面を昇って行って滑り直し滑り切り、2回目一番最後のスタートでしかもまたもやコースアウト、
しかし、またまた昇って行き、最後まで滑り抜いた日本の生田選手は見ていて好感が持てました。

投稿: 石井 けん | 2006年2月26日 (日) 21時42分

そうそう!
"若気の至り"というヤツなのでしょうけど、全く応援する気になれないんですよね~。

アルペンは見ませんでしたが、いいお話を聞き、生田選手の名前は覚えました。
今後、要注目ですね。

投稿: いいぶう | 2006年2月26日 (日) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/8823246

この記事へのトラックバック一覧です: 冴え返る:

« 大金星に拍手!! | トップページ | ガラ・エキシビション »