« 冴え返る | トップページ | 平常心、平常心 »

2006年2月25日 (土)

ガラ・エキシビション

 真夜中、「すぽると!」の生中継のエキシビションを見、朝起きて、ビデオに撮ったNHKで、また見直すw。What is Winter Olympics' most thrilling event?

 

 ペアで7位入賞の井上怜奈&ジョン・ボールドウィン組が、2・6位の辞退で繰り上がって登場し、嬉しくなりました。「ドゥ・ア・ディティー」なる曲に乗せて楽しげ、ボールドウィン選手の衣装は普段着か?

 

 村主さんは、シルク・ド・ソレイユの「キダム」で使われた曲と、紫の照明、赤いボール、そしその演技で、幻想的な雰囲気を作り出していて、そこには物語があるといった感じ。実況の刈屋富士雄アナも、「見る人が色んな世界を空想」すると仰っていた。ちょっとつんのめったようなジャンプは惜しかったけど、解説の五十嵐文男さんの仰るように、「非常に独創的な振り付け」、ボールを客席の人にあげようとするフリをして引っ込めてみたり、そのボールの中からキャンディか何かを投げるところでは、思わず身を乗り出して見ちゃいました。今回もまた、インタビュアーの方が村主さんに好意的で、「表現者としての村主さんが楽しみ」と仰っていて、うんうん頷く。

 

 スルツカヤの「so many things」もいいけど、コーエンの「パレードに雨を降らせないで」が可愛らしくて良かったなあ。フリーの時の赤の衣装以上に、青の衣装とポニーテールでステップする様子がキュートでした。2人とも、メダル獲得の重圧から開放されて、吹っ切れた表情なのも良かった。見ている方も、オリンピックメダリストの演技を純粋に楽しめる。

 

 男子ってあまり見ないんだけど、銀を獲得したスイスのステファン・ランビエールは、ジェームス・ブラントの「You're Beautiful」が好きなので、ふんふんと思って見ていたら、結構好きな感じの演技。五十嵐さんがバレージャンプを見て、「今はあまり使われていない技術」と仰った、なるほど、見て私の好みが古いという訳だ(苦笑)。フィリップ・キャンデロロとかしか、思い浮かばんからね~。

 

 荒川さん、ケルティック・ウーマンが歌うバラード「ユー・レイズ・ミー・アップ」、この優雅さは何なのだろう?と思っていたら、五十嵐さんが、「ビールマンスピンからスピンを出るときに、普通の選手は、足を離した瞬間にパタンと足が降りちゃうんですよね、その辺が綺麗にすうっと降りてくる」と解説していらして、納得。一挙手一投足に気を配り、丁寧に演じているということなのですね。

 

 ペアで金の、ロシアのタチアナ・トトミアニナとマキシム・マリニン。アンコールで、2人がハンガリーの天才バイオリニストのエドウィン・マートンを氷上に連れ出して、「ロミオとジュリエット」の生演奏で演技する、サプライズ・サービス。

 

 続けて出て来た、金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ。マートンは上着を脱いで登場、T-シャツには「プルシェンコ&エドウィン・マートン No.1」のお茶目な文字、裏にはしっかり五輪のマーク、いいな~あれ欲しい(笑)。2人の「トスカ」の超絶コラボには、流石の刈屋さんも、「こんなにすごいの見たことありません」と驚嘆されていた。五十嵐さんによれば、スポットライトやデコレーションライトの下でジャンプすると、「平衡感覚が無くなっちゃう」んだそうだが、3連続ジャンプを皮切りに、跳びまくっております。Gorgeous !!

 ルチアーノ・パバロッティの「カルーソ」、これまたアンコールとは思えない濃いぃ演技だ。技術採点者にレベル4の評価をさせるための演技の、堅苦しさよ!生のバイオリンをパラヴェーラで聞いた人たち、羨ましいぞ!

 

 フィナーレは、マドンナの「ハング・アップ」にマートンが生演奏を被せてる。プルシェンコは、またも3連続ジャンプを跳んで、楽しげにステップを踏み、弾けてる。

 

 あぁ、楽しかった~。今日はこれで燃え尽きた。また明日~。

 

<関連記事>

冴え返る

大金星に拍手!!

氷上の花々

|

« 冴え返る | トップページ | 平常心、平常心 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

エキシビジョン、良かったです。

村主選手のあのボールを使った表現は面白い、と言うかホントに独創的。

何を投げたのかは「受け取った方のお楽しみ。」と最後まで明かしてくれませんでしたね。

幻想的な雰囲気なので、どうせならもっと思いっきりミステリアス&メルヘンなカンジはどうでしょう?

こう言った独創的な部分が4年後にどうなっているか、楽しみです。


荒川選手のパフォーマンスは、女王の貫禄を感じたのは僕だけでしょうか?

プルシェンコは只、単純に「カッコイイー。」そんなに跳ばなくても(サービスしなくても)いい

という位跳んでましたねー。

エキシビジョン、生で見たかったなー。


次回のバンクーバーは昔、独り旅行で行ったコトあるんですが、サカナとか美味しい街でした。

行きたいなぁー。

投稿: 石井 けん | 2006年2月26日 (日) 22時52分

石井さん、こんにちは。

石井さんのブログと違って、字ばっかりなので、読んでいただき、恐縮です(*^_^*)。

エキシビジョンって、上手い人の演技を単純に楽しめて、いいですよねw。

競技の時、村主さんの演技に大きなミスが見られなかった分、残念な気持ちが強いですが、次のバンクーバーまで続けてくれるようなので、楽しみです。

確かに荒川さんは、競技時より、エキシビジョンの時の方が、貫禄が出てましたね!
金メダルって、デカイ。

プルシェンコは、抑圧されてたのかな?と思う程、吹っ切れたはしゃぎ振りでした。

"生"至上主義ではないワタクシですが、あの場にいた人々にはちょっと嫉妬を覚えます。

カナダには、残念ながら、行ったことがないのですが、私の英会話の歴代の先生方が、皆カナダ留学経験者だったので、憧れの国です。
カナダ横断鉄道に乗ってみたい。

投稿: いいぶう | 2006年2月27日 (月) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/8837892

この記事へのトラックバック一覧です: ガラ・エキシビション:

« 冴え返る | トップページ | 平常心、平常心 »