« 荒川熱で微熱 | トップページ | お帰りなさい »

2006年2月28日 (火)

天使達

 大高郁子さんの大ファンで、日記が公開されている公式サイトは、1日2度3度とチェックしてしまうのですが、そのせいで、サイトの100,000の記念すべきキリ番をいいぶうが踏んでしまい、何と大高さんの直筆の猫イラストをいただけることになりまして、その絵が本日届いたのでございます。

 

 「猫の絵は「息をするように」描いてしまえる」と仰る大高さんは、ご親切にも、猫のポーズや柄をリクエストしていいと言われ、そのお言葉に甘えて、ずうずうしくも色々な注文をしてしまいました。

 

 お願いしたのは、私が今まで亡くして来た猫達を天使に見立てた絵。初めて飼った猫で、飼ってから1年程でどこかに行ってしまった、オスのブチ猫「コゲ」。母猫が血統書付きペルシャ猫で、13年程生き、その賢さ・外ズラの良さで、見知らぬ人にも抱かれ、近所の皆様にも可愛がられて、最後は交通事故で死んでしまった、オスのブチ猫「六三四(ムサシ)」。現在実家で飼っている「福」の兄弟で、5匹拾った生後2・3週の捨て猫の中、「福」と一緒に2匹で病気にかかり、1匹だけ死んでしまった、オスの雉猫「シマチビ」。彼らの写真をメールでお送りし、いなくなってしまった3匹を天使にし、残った「福」を入れて、絵にして欲しいとお願いしたのです。

 

 musashi クロネコ便の封筒を開くまでは、平常心だったのですが、額縁が収められた絵を見て、手がぶるぶる震えてしまいました。そこに描かれた絵は、「ムサシ」の雰囲気を見事につかんでいて、「ムサシ」のお墓の前で、立ち上がることが出来なくなり、手をついて謝りながら嗚咽した日のことが、ありありと思い出され、滂沱の涙。今、これを書きながら、また泣き、読み返しては感極まって、また泣き…。

 

 card 箱を開けると、大高さんからのイラスト入りのおはがきが。そこには、大高さんの自画像と思われる可愛らしいイラストとともに、誇らしげな4匹の姿が。生きている時の3匹を思い出し、また涙。絵が好きで、旅行先でも美術館に行く程、新婚旅行先のパリでは、ルーブルやオルセーにも行きましたが、絵を見て泣いたのは、これが初めてです。大高さんの字の感じも好き、絵を描く方というのは、何故か必ず、味のある字を書かれるんですよね。大高さんは、字は「絵の一部みたいなモノ」と仰られていて、なるほどと思う。

 

 Angels 2枚目のおはがきは、大高さんの「うな」ちゃんと一緒に、「コゲ」「ムサシ」「シマチビ」が天使になっていて、大高さんの「うみ」ちゃんと我が家の「福」を見守っている絵。中でも、「福」の絵は神経質で気が強い様子が顔に現れていて、プロってホントすごいです。私にとってこの絵は、猫達へのお礼の気持ちを私の代わりに形にしていただいたものであり、病気を乗り越え生き抜いた「福」にいただいたお守りでもあります。

 back_side このおはがきには、裏面にも、額の中に入りきれなかったものと思われるイラストが切り張りされていて、嬉しい驚き。これら1点1点が宝物です。

 公式サイトの日記を拝見したところ、大きな仕事を複数抱えてお忙しい上、体調を崩されている中で、「ナントカ、二月中には」と仰った言葉を守っていただき、恐縮至極、大高さんのプロ意識の高さも知りました。

 

  picture_frame 最後は、額縁に入れていただいた絵。ここでも、4匹がきちんと描きわけられていて、大好きなイラストレーターの方に、大好きな猫達を描いていただけた幸せを噛み締めています。知っている猫を描いていただいたことで、大高さんの猫の絵は、可愛さだけでなく、我儘さや、自由気まま振り、子猫は子猫の、成猫は成猫の魅力を鋭く捉えて表現されていることが、とても良く伝わって来ました。

 

 価値のある絵を私蔵するって、良くないことだと思っているので、私の名前を入れていただいた部分だけを隠して写真に撮り、すべてアップしました。写真はクリックすると拡大します。バッテリーとメモリーの蓋が開かなくなって、カメラ屋さんにこじ開けてもらったIXYDIGITAL600を動かしてみたところ、壊れておらず使えたので、嬉しくなり、購入して以来お蔵入りしてたデジカメスタジオとライトを持ち出して、撮影しました。是非見てみてください。但し、著作権は作者の大高郁子さんにありますから、転用しないで下さいね。

 

 大高さんと世界中のすべての猫達に幸あれ!

 

<関連記事>

当たった…(.*´Д`*)

大高さんの2冊

 

*オススメサイトへのリンクです*

大高郁子イラストレーションワークス

|

« 荒川熱で微熱 | トップページ | お帰りなさい »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

懸賞」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/8885978

この記事へのトラックバック一覧です: 天使達:

« 荒川熱で微熱 | トップページ | お帰りなさい »