« チョッコレート、チョッコレート♪ | トップページ | 立春 »

2006年2月 3日 (金)

「ナウシカ」って、ついつい見ちゃいますよね。

 本って、読み始めると癖になりますね。今日の午後は、昨日買った2冊の本を読んで、まったりと過ごしました。

 

 1冊は、「ポテト・スープが大好きな猫」。村上春樹さんが訳した絵本です。昔々、好きだった人が、当時まだデビューから間もなかったの村上春樹さんのファンで、教室で「風の歌を聴け」の文庫を読んでいて、それをまねて読み始めてから今日に至るまで、村上さんの出版したほとんどの小説、エッセイは読んでます。でも、音楽関係の本と訳本は未開拓分野。村上さんの個性がかえって、原作の雰囲気をつかむ邪魔をするのでは?という懸念もあったからなんだけど、じゃあ何で、この絵本を迷わず購入したかと言うと、村上さんが猫好きと知っているし、作品の最後まで猫が生きているようだったから。猫って何故か、ラストで死んでしまう場合が多々有り、その手の本は読みたくないのだ。

 

 絵本なので、読もうと思えば立ち読みも可能だけど、私は、まず立ち読みはしない。買うか買わないかを決めるためにパラパラと見るだけで、決して熟読はしない。この絵本も、猫の生死をちらと確認しただけ。立ち読みだけして買わない奴って、買う目的で書店に行っている身からすると、もんのすごく邪魔で迷惑な存在なのよね。欲しい本の前に居座っている奴にはホント腹が立つし、買おうと思う本が手垢でベタベタにされるのは我慢ならない。どちらかというと、私の本の買い方って、CDのジャケ買いに近い。勿論、ゴミをつかまされちゃうことも有りますが、それもまた良し。立ち読みって、購入者にも、書店にも、出版社にも、作者にも、迷惑な行為でしかないと思う。買う気が無いなら、図書館へ~。

 

 前置きが長くなっちゃいました(苦笑)、この絵本は、途中ちょっとハラハラさせられる部分もありますが、最後には、作者、イラストレーター、訳者の村上さんらと一緒になって、「ああ、やっぱり猫のいる生活っていいよね」と頷き合っているような感覚になります。オススメです。

 

 続けて、「ナルニア国物語」の第2章「カスピアン王子のつのぶえ」。ペベンシー家の4人は、第1章「ライオンと魔女」の中で後にしたナルニアへと、「アラビアンナイトの魔法使いが、霊神ジンをよびだす」ように、召還される。同じ「アダムのむすこ」「イブのむすめ」であっても、ナルニアに残れる者とそうでない者がいるのは、ちょっと納得できないのだけれど、アスランが再び現れたシーンでは、4人と同じ感動を味わえます。

 「ナルニア国物語」も、すべて映画化されるのでしょうか?CGって、ファンタジーファンには有り難い物ですね。

 

 ところで今日は、節分でしたが、豆まき、丸かぶり寿司などの行事は、我が家では無し。お寿司は、ダンナに頼んだのですが、見事に売り切れ。豆は買い忘れちゃいました。やれやれ。

 

 japan02 2月1日に届いたところなのに、ルセットから今度は「@japan/02」が送られて来ました。お店任せなので、仕方ないけれど、すごく高いのだから、1週間くらいずらして送ってくれる配慮があってもいいと思うのだけど…。でもまあ、食べ比べ出来ていいとも言えるけどね。「@japan/01」は、豆腐味は全く感じず、匂い以外は結構普通だった、「@japan/02」は黒糖と和三盆ですが、どうでしょうか?

 

 今夜は、三谷監督の「みんなのいえ」と宮崎監督の「風の谷のナウシカ」がバッティングしてしまい、悩んだ末、「みんなのいえ」をビデオに録って、「ナウシカ」を見ることに。「ナウシカ」は、昔、妹が買っていた「アニメージュ」に原作が連載されていて、その頃からのファンなので、当然もう何10回も見てて、次の台詞が推測できる程なんだけど、それでも放送されれば、必ず見ちゃうんですよね~。ナウシカが閃光弾と蟲笛を使って、王蟲を鎮める冒頭のシーンから、既に目はウルウル。見る度に思うのは、テトのすごさ。ナウシカの操るメーヴェやガンシップに同乗し、王蟲の群れに跳ね飛ばされた時でさえ、振り落とされないのだ。蟲さえ死ぬ強い瘴気の中でも死なないし。

 

 原作については、いいぶうは「私の"泣き"本であり、私のバイブル」と公言しているのですが、ダンナは結婚後読ませたところ、ダンナなりの世界観が壊されてしまったらしく、「読むんじゃなかった~」とブツブツ。確かに、映画は希望に満ち溢れた明るい終わり方をしているのに比べ、原作ではナウシカの大切なものが次々と失われていき、救いが無いとさえ思え、その世界には天と地程にに開きがある。The movie has a happy ending. それでも私は、原作には、映画には出てこない魅力的なキャラクター達も多数登場するし、一読の価値があると思う。ただ、映画の世界を大事にしたいという、うちのダンナタイプの方は、読まない方がいいです、悲し過ぎますから。

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

ポテト・スープが大好きな猫

カスピアン王子のつのぶえ新版

 

風の谷のナウシカ7巻セット

|

« チョッコレート、チョッコレート♪ | トップページ | 立春 »

お取り寄せ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/8491933

この記事へのトラックバック一覧です: 「ナウシカ」って、ついつい見ちゃいますよね。:

« チョッコレート、チョッコレート♪ | トップページ | 立春 »