« お帰りなさい | トップページ | 雛祭り »

2006年3月 2日 (木)

浦島太郎?

 いつものように、TVを見ていたところ、画面に知人の姿が!ビックリし過ぎて、転んでしまった。いいぶうが、世間から隔絶した生活を送っている間に、物凄く偉くなっている人が2人…。一時は、結婚披露宴にお招きする程、親しい間柄だっただけに、置いてきぼりになったような錯覚に陥る。この驚きを共有したいと思い、久々に友人にメールするも、返事無し。お~い、ここは日本か?ひょっとすると、グアム?

 

 一方で、これだけ騒がれても、お姿を拝見できない人、それはイナ・バウアーさん。1961年のドイツ映画、「白銀に躍る」にも出演されている美人スケーターらしいが、現役を引退して久しいという理由で、インタビューは受けていないとのこと。

 

 「オーラの泉」、ゲストは、お笑い芸人のヒロシさん。ヒロシさんご自身が、マネージャーの方に、「オーラの泉」に出たいとリクエストされたらしい。江原啓之先生の、例の"家宅侵入"により、スーパーのビニール袋を縛って備蓄しているのを指摘され、芸人らしいオーバー・リアクションで、驚いていたのが笑えた。いつも困ったような、悲しげな顔をしているヒロシさんの前世は、愛情に飢えて服毒自殺をした若者で、そのため今生でも、人の愛し方がわからない人であるらしい。ところが、美輪さんに、巨匠フェデリコ・フェリーニを引き合いに出して「大好き」「都会的で洗練されている」と最高の賛辞を送られるうちに、下がっていた眉毛がすうっと伸び、穏やかな顔になっていったのが印象的でした。He has a refined sense of humor. 番組の最後には、深い情愛を表す紫のオーラが出てくる程、美輪さん、江原先生のお言葉を素直に聞いていたようだ。子供の頃からのお友達で、現在は連絡をとっていない人の名前を当てられちゃ、素直に聞くわなw。

 また、守護霊には、仏師の方が憑いていられるということを聞いて、「火の鳥 鳳凰編」の茜丸を思い出した。

 

 ところで、今回の美輪さんのお姿、すごく好きな感じだったな。野生動物の皮や毛皮、家畜であっても、皮をとるだけで、食用とされない動物を使用した服飾品を買うのを、良しとしないので、上着は好かなかったけれど、ピンク色は可愛かったし、茶色ショートのウイッグとシルバーのドレスは、とても素敵でした。

|

« お帰りなさい | トップページ | 雛祭り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/8917834

この記事へのトラックバック一覧です: 浦島太郎?:

« お帰りなさい | トップページ | 雛祭り »