« ズレズレなるままに… | トップページ | カウチポテト専門 »

2006年3月11日 (土)

TVネタは続くよ、どこまでも

 ココログプロの障害で、24時間以上記事がアップ出来なかったのが、本当に響いちゃってて、書きたいことが沢山あるのに、切り捨てざるを得ない。とは言っても、所詮TVネタなんですけどね(苦笑)。

 

 昨日のお昼、ゲームがバグって止まってしまったので、消してTVをつけると、「スタジオパークからこんにちは」に三谷さんが。こりゃ呼ばれたね、ワシ。The screen is frozen. 「ありふれた生活4」に、「新選組!」放映中にもゲスト出演されたことが書かれていて、渡邊あゆみアナは、三谷さんの憧れの人とある。今回も緊張されたのか、渡邊アナを旧姓の「黒田さん」で呼びかけるシーンも。高校の時に描かれたという、中曽根さんをモデルにした「かざみ男」の漫画まで持参され、上着に付けていらした緑色の天道虫のピンの話から、三谷さんのラッキーカラーが緑で、毎日何かしら身につけていらっしゃるということなど、聞いたことのない新しい情報も飛び出して、なかなか見ごたえがありました。

 

 大河の足利義昭については、第8回「命懸けの功名」で、坂東光津五郎さん演じる明智光秀に迫った後、アドリブで瞬きをした話をしていらした。あれは、なかなか気持ち悪くて良かったですよねw。脚本家の大石静さんからのメッセージでも、「しょうもないけど、可愛くて、光秀がなかなか見捨てられないのがわかる」と褒められていて、うんうんと頷く。演技達者では決してないが、味があると思いますよ、三谷さん!ただ、三谷さんが似せようとしたという、「国盗り物語」のカッコいいけど小賢しい伊丹十三版義昭には、残念ながら似てませんでしたね~。

 

 そして三谷さん、とうとう歌舞伎を書かれたんですね!「ありふれた生活」に、野田版歌舞伎の「研辰の討たれ」をご覧になった時分に既に、染五郎さんに新作を依頼されている話が書かれているから、もう何年越し?「決闘!高田馬場」、面白そう、久々に歌舞伎が見たくなっちゃいましたよ。歌舞伎って7、8回しか見てない初心者だけど、三谷さんが仰ってた、例えばブレヒト幕の裏で早着替えとかなんて、着物ならではの技で、歌舞伎だから出来ること、歌舞伎が400年の歴史の中で培ってきたものは、どんなに僕がいじっても揺るがないから安心して遊べた、というお話は、実感としてわかる。

 

 これで、文楽まで書いたら、三谷さんって、平成版近松門左衛門だ。

 

 「ぐるナイ」の「かぶっちゃや~YO!」に、試食人でパク・ヨンハさんが登場!マロンちゃんも面白かったけど、新譜のCD「WILL BE THERE…」を出演者全員に配る気遣いを見せたかと思えば、韓国料理を無邪気にガッついて食べるパク・ヨンハさんが可愛らしくて、釘付けに(笑)。生きのこのプルコギ、ジャガイモと豚の背骨のカムジャタンも美味しそうだったけど、イカと豚バラ肉のオサムジュームロクが辛そうで旨そうだった!!パク・ヨンハさんの大好物もこのオサムジュームロクという料理だそうだ。あのCDに皆サインをもらったんだろうね~、視聴者プレゼントにせんか、コラッ!

 

 「チャングムの誓い」、第20話「誘拐」は、以前にもチャングムの食材が盗まれたことがあったよね、今回も同じ失敗を繰り返しちゃってた。チェサングンとクミョンは、一族の秘伝の料理を使い真っ向勝負をするつもりだったのに、チェ・パンスルはユン・マッケとその姪ヨンノを使って、ハンサングンとチャングムの用意した食材の保管場所であるサオンウォンに鶏と猫を放ち、滅茶苦茶にした上、冬虫夏草や海産物を再度準備するため外出したハンサングンを誘拐する。ヨンノって、昔から嫌な子だったけど、最近はそれに磨きがかかってる感じ、悪意のある行動を嬉々としてやっているところが、また憎らしい。チャングムを逆恨みしてるクミョンの方が、同情の余地がある感じだ。

 

 ハンサングンに同行したカン・ドックから、知らせを聞いたミン・ジョンホは、馬を飛ばしてハンサングン救出に向かう。、チャングムは、ハンサングンが時間までに戻ることを信じ、最後の競い合いを続行させてくれるよう、女官長に談判、ハンサングンがチェ・パンスルの息がかかった者に誘拐され帰らぬことを知っているクミョンは、ミン・ジョンホと親しくするチャングムに辛い思いをさせようと、チャングムに味方する振りをして、競い合いを続行するよう口添えする。カン・ドックの妻は、チャングムに誘拐の一件を知らせに向かう途中、ハンサングンが贔屓にしている盲目の魚売りに遭遇し、鮑・ナマコ・貝柱を預かる。

 

 チャングムが作った皇太后の誕生日の祝い善は、1品目の鮑の肝粥も、2品目のそば粉で作った皮で野菜などを包んだメミルチョンビンも、クミョンの五種粥、チェサングンのスケトウダラでセリを包んだ巻物に負けてしまう。後がないチャングムは、3品目の冷菜を、お母さんの日記を頼りに探し当てた、何十年モノの熟成された甘酢を使って作り、ようやく1勝する。こうしてみると、流石のチャングムでも、チェサングンとクミョンのタッグを相手にするのは、難しいんだなぁと、改めて思う。

 

 木曜の夜は、香田晋さん流カレーの冷凍したので、済まそうとしたんだけど、ダンナが昼にカレーを食べたという…_| ̄|○。これで、3回連続バッティングしたカレー。おかげで、私はちっとも食べられない。ダンナはカレーを好まないのに、ランチを食べているお店で、ちょくちょくカレーが出されるらしい。急遽ペペロンチーノを作ってくれたダンナに報いるため、昨日は、新作メニューに挑む。栗原レシピのコーンビーフとキャベツ、ピーマンの炒め物。無茶苦茶簡単なのに、新作だというだけで、喜んでくれるダンナ。有り難いこってす。

 

 「BLOOD+」、第22話「動物園」は、う~ん、ハジってマゾだったのか~って感じ。赤い盾のメンバーが度々口にする「ジョエルの日記」のジョエルは、小夜の庇護者だったようで、「ポイント・オリジン=動物園」と呼ばれる広大な屋敷の中で、小夜を我儘放題にさせていた。最初からシュヴァリエにするつもりだったかは不明だが、まだ幼い少年だったハジを、一見16歳くらいに見える小夜に引き合わせたのは、ジョエルとアンシェルらしい。ハジにチェロの手ほどきをしたのは、小夜だった。その時既に、小夜の時は止まっており、ハジだけが成長し、いつしか見かけ上は小夜の歳を追い越してしまう。

 

 そして何と、小夜は、ジョエルの誕生日にプレゼントしたいと、崖に咲く真紅の百合の花をハジに採りに行かせ、ハジは崖から落ち、頭から多量に出血し瀕死、と言うより、人間としてはほぼ死んだ状態になるが、漠然と自分が人間とは違う生き物と認識していた小夜は、とっさに自分の血でハジを救えるかもと考え、ハジに血を飲ませる。それでハジは、心臓が停止、人間としては息の根を止められてしまい、翼手と化してしまったという訳。自分を1度は死に追いやり、異形のモノに変質させた小夜のことを好きって、マゾとしか思えないでしょう?

 

 ふぅ~、やっぱり長くなっちゃったんで、今日のお出かけ話は、また明日、ちゃお!

 

  ★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆

 

 2006年3月29日(水)追記:3月26日(日)O.A.の「世界ウルルン滞在記」で、司会の徳光さんが長嶋監督の真似をして購入したと仰った黄色い天道虫のピン、三谷さんが、「スタジオパークからこんにちは」でしてらしたのと、色違いなだけで同じな気がする。「パスクワーレ・ブルーニ」のジュエリーだったんですね。

|

« ズレズレなるままに… | トップページ | カウチポテト専門 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/9048162

この記事へのトラックバック一覧です: TVネタは続くよ、どこまでも :

« ズレズレなるままに… | トップページ | カウチポテト専門 »