« 大人の味、大切な味 | トップページ | 主治医からのRE: »

2006年4月14日 (金)

最後の挨拶

 昨日注文したばかりのコーヒーが、今日、もう届いた。早っ。Lion_coffee 私が頼んだライオンコーヒーは、どうやら、ハワイのコーヒーではあるけれど、ハワイコナは含まれていないみたいだ。クリスマス用に発売された限定品だけど、9月くらいまでは賞味期限があるみたい。とは言っても、すぐに飲んじゃうだろうな。4袋全てに、ライオンの絵が書かれた3cm弱のゴールドクリップが付いているんだけど、これが、小さいながらもしっかりとしていて、使い易い。可愛いし、二重丸◎。

 

 早速、「キャラメル・クリスマス・クレーム」を飲んでみました。I turn on the coffee maker and make myself a cup of coffee. キャラメル味が、コーヒーに合うのは、言うまでもないですね、美味しいですw。スタバで、キャラメル・マキアートを初めて飲んだ時、この世にこんな美味しいコーヒーの飲み方があったなんてと、衝撃を受けたことを思い出します。いつもはカフェオレ党のいいぶうですが、1杯目はブラックで楽しみました。でも、フレーバーコーヒーは、好みが有りますよね、うちのダンナは、飲み残しちゃってました。ダンナ用には、他のコーヒーとブレンドして出さないと駄目っぽ。

 

 Late_bloomer_2 今日は、振込みのために外出。ソメイヨシノは、このところの風雨にもメゲず、花を保っているけれど、徐々に葉桜へと姿を変えつつある。近所の枝垂桜が、TVのローカル放送にちらっと出たため、見に行くと、入れ代わり立ち代り見物客が。1本立ちの桜もいいですね、桜って、白っぽいのも、ちょっと濃い目のもみんな綺麗だ。でも、八重だけは、あんまし好きじゃないんだよね。これは、母親の好みに似たらしくて、母なんて、庭に祖父が植えた八重桜を切り倒しちゃったんですよ!そこまで嫌わんでも、ねぇ?

 

 外が暖かかったので、部屋に入れてあった植木鉢を、液肥をやって全て外に出したんだけど、明日からまた寒くなるみたい…_| ̄|○。花の生命力を信じよう…。

 

 Forbidden_rice_2 「とんねるずのみなさんのおかげでした」の、「芸能人御用達お土産ベスト20」も、「番外編」も、美味しそうでしたね~。27品のうち8品は既知だったけど、食べたことがあるのは、「番外編」5位、桃井かおりさんオススメの、梅の花「豆腐しゅうまい」だけ。以前たまたま買った発芽黒米があったので、「ベスト20」13位、磯野貴理子さんオススメの、「黒米おにぎり」を真似て、黒米ご飯を炊きました。お米をかして、1合に対し、小さじ1杯の発芽黒米を入れて炊くだけのお手軽さ。黒米を入れた瞬間に、水が紫色に染まるのが楽しい。勿論、炊き上がりのお米は、薄く紫がかっていて、気持ちもっちりとしています。

 

 「食わず嫌い」では、チェ・ジウさんが、顔を赤らめながらフラフープの話をした上、稲垣吾郎君と一緒に実際にフラフープを披露されたのは良かったですね!冒頭で、乾杯の後、人のいない左側をスッと向かれたのも、韓国の人らしい仕草で、美しかったです。

 

 「純情きらり」、第2週「ピアノがやって来た」(11)、停電の夜、杏子は、自分は間違ってないと思ったら絶対に謝らない桜子を見習って、縁談話を断ることが出来たのだと、礼を言う。私は、勇太郎の「ただの強情っぱり」説に賛成!笛子は、お父さんっ子の桜子に、あんたらが気ままで羨ましいとボヤくが、桜子は、先に生まれたほうが得だと反論し、枕投げが始まる。その時、有森家の電気だけが復旧する。杏子と桜子は、何かゾッとするものを感じ、顔を見合わせていると、源一郎が事故に遭ったという知らせが。

 

 Shower_of_blossom_1 全員が病院に駆けつけるが、父は意識不明のまま、一昼夜が過ぎる。いつもは、威張ってばかりの笛子が1番取り乱し、泣き崩れている。付き添いに疲れ、3姉妹が眠っている間に、源一郎は、意識を取り戻す。皆はホッとし、病室でリンゴを食べたり、冗談を言い合ったり、和やかな雰囲気。磯と杏子は、一旦家に帰り、笛子と勇太郎は学校へ。残った桜子を見て、源一郎は、「お父さん、お前のことはあんまり心配してないんだ、家族の中でお前が1番しっかりしとる、桜子が本当は1番強い」と呟く。源一郎に、落石現場で見つけた水晶を「お前にやるよ」と言われ、桜子は喜ぶ。源一郎は、リンゴの皮をむく桜子と亡き妻をダブらせながら、「お母さんに似てきたなぁ」と言い残し、静かに息を引き取る。

 

 あぁー、お父さんがこうもあっけなく亡くなってしまうとは、思いませんでした、予想外の展開。これから、勇太郎も桜子も進学したいと思っているのにね…。桜子の言うとおり、お父さんは皆にさよならを言うためだけに、気が付いた感じがして、哀しいです。桜子に味方し、支えてくれる人は、これから出来るであろう恋人ではなく、源一郎さんであって欲しかったなぁ。

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

国産(奈良県産)発芽黒米100g楊貴妃も愛用した紫に染まる古代米(もち米)

|

« 大人の味、大切な味 | トップページ | 主治医からのRE: »

お取り寄せ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/9596562

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の挨拶:

« 大人の味、大切な味 | トップページ | 主治医からのRE: »