« ココログ、奇奇怪怪 | トップページ | 世間は、ゴールデン・ウィークなんですね。 »

2006年4月29日 (土)

スルメ・ソング

 いつもは、滅多に反映されないのに、1個前の2行しか書かなかった記事が、ココフラッシュの新着情報に表示されたらしく、訪ねて来てくれた方がいたようで、大変恐縮です。ココログってやつぁ、ホント、いっつも調子が悪くて、今も、推敲して上書き保存する度に、初期状態に巻き戻る障害と闘いつつ、書いてます。すごーく、面倒ですだよ…。

 

 今日も、ピザーラを頼んでしまった、これで2回目也。A pizza was delivered to my door. 今日は、「オールスタービンゴ」のMサイズを頼み、キャンペーン中ということで、100%のオレンジジュースを1本と、「ピザーラくんとトッピングス」のスプーン&フォークのセットをもらう。Catering_1 前回、生地は、レギュラーである「ハンドトス」にしたため、今回は、薄手の「クリスピー」にしてみたところ、生地が主張し過ぎず、いい感じw。「ハンドトス」だと、ボリュームが有り過ぎて、ピザトーストみたいな感じもしたけれど、「クリスピー」なら軽いから胃にももたれないと思われ。ただ、問題なのは、具にしっかり味が付いていて、いかにも高カロリーっぽいこと。次、ピザが食べたい時は、サボらず、イタリア料理の店に足を運んだ方が良さそうです。

 

 「純情きらり」、第4週「プロポーズは突然に」(24)、桜子がついた嘘を取り繕うため、磯は、病気の振りをするが、つい、河原にお茶ぐらい飲んで言ったらと勧めてしまい、仮病と見破られてしまう。

 

 桜子から、杏子に対する暴力を糾弾された河原は、逆に、杏子の結婚が妹の学費欲しさから決めたものであることを指摘し、強引に杏子を連れて帰ろうとする。それを聞いた桜子は、音楽学校には行かないと食い下がる。東京で苦労したらしく、黙っていられない磯は、布団から飛び出し、こんな男に杏ちゃんを渡した私が馬鹿だった、連れて行くなら私を殺してからにしろと啖呵を切る。「物騒な話だわ、この家には常識のある方はおらんのですか!?」との河原の言葉を受けて、有森家の常識人である笛子が登場!静かだからこそ迫力のある、高ぶる感情を押し殺した声で、「杏子を置いて、お引取り下さい」と言う。

 

 河原が去った有森家、杏子は、桜子の勉強部屋を見て、力になれなかったことを桜子に謝る。そこへ入ってきた磯と笛子は、河原の人柄を確かめもせず、嫁に出したことを杏子に詫びる。家族がかけた温かい言葉を聞き、杏子の目からは、こらえていた涙が溢れ出る。

 

 杏子のバックアップを失った桜子は、奨学金をもらって音楽学校に行くと強がるが、それを聞いた笛子は、音楽学校進学を諦め、斉藤先生と結婚したらどうかと切り出す。

 

 いや、今日は、見所満載、泣けました(T_T)。特に、磯叔母さんが秀逸!経験に裏打ちされた言葉は、重く、心に響きます。河原を追い返した笛姉ちゃんも、凄みが有りました。また、耐えに耐え、忍ぶに忍んで来た杏ちゃんが、泣き崩れるシーンも素晴らしかったです。井川遥さんは、番組の公式サイトで、2週間に渡る河原家での撮影が辛かったと打ち明けていらっしゃいますが、そのご苦労が、この涙のシーンに結実しています。

 

 「BLOOD+」、第28話「限りあるもの」、シフは敵じゃないと訴えるカイの言葉に、小夜の心は、再び乱される。小夜は、翼手全てを倒すと言うけれど、カイの言うとおり、その決意は、リクやハジ、そして自分の存在をも否定する言葉だ。

 

 リクは、ジョエルのお下がりをもらって、ハジの弟のようなアンティークな格好をしている。ジュリアは、そのリクのDNAに、地球上の生物には存在しないという第5の塩基を発見し、人間が翼手へと変化する秘密を探ろうとしている。

 

 「BLOOD+」、第29話「呪われた血」、死にかけたイレーヌを見たカイは、小夜に、イレーヌにお前の血をやってくれと懇願し、「友達なんだ!」と叫ぶ。その言葉を聞いたモーゼスは、振りかざした武器を収め、小夜に頭を下げる。私の血で翼手は死ぬ筈と、躊躇する小夜だが、説得に負け、イレーヌに血を飲ませる。一旦は、ソーンが消えていくかに見えたが、次の瞬間、一気にソーンが全身に回り、イレーヌは、粉々に砕け散った。仲間の全てをシフに殺された「キルベド」の職員が言い残した、小夜の血を飲んでみろという言葉は、悪意に満ちたものだったのだろう。

 

 「僕たちは、限りある者、あらかじめ定められた命を生きる者だ…」と言うモーゼスは、イレーヌの死を引き金に再び暴れ出したカルマンらを制止し、ディーヴァの命を狙う決意をする。

 

 ジュリアさんが、尊敬しているというコリンズ博士は、ヴァン・アルジャーノと、ヴァン・アルジャーノは、アンシェルと繋がっているようだ。ヴァンは、ソロモンの指揮下で作った、"D-67"を基にした翼手は、あまりに凶暴過ぎ、コントロールが利かないため、ソロモンを見限り、コリンズ博士のD-塩基と、アンシェルのシフを組み合わせて、新たな翼手を作り出そうと画策しているらしい。コリンズ博士は、赤い盾に潜り込んだ、ビッグな"ネズミ"だった訳だ。

 

 初めて耳にした時は、エンディングのアンジェラ・アキさんの「This Love」が印象に残ったのだけれど、回を重ねるごとに、オープニングのUVERworldの「Colors of the Heart」の味が、わかるようになって来ました。こういう、段々味が出て来る曲、好きです。

|

« ココログ、奇奇怪怪 | トップページ | 世間は、ゴールデン・ウィークなんですね。 »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

今日はウチもピザ専門店に食べに行きました。

宅配ピザ以外余り食べていなかったもので・・・。

クリスピータイプを頼んで半分こ・・・。

美味しかったですが、オリーブオイルをたくさん使い過ぎていたせいか、ツマの口には

すこし、合わなかった様です。


ピザと言えば、いいぷうさんに質問。

以前、初めて海外旅行へ行った時(カナダ、バンクーバー)ホテルのドアの下から「デリバリーピザ」の

案内が・・・英語力ほぼ無しの為、電話でのオーダーに自信が無く。

住所を頼りに買いに行く事に・・。


店頭でのオーダーで

「TWO IN ONE?]

・・・と聞かれ、「何かお薦めの2種を一枚に半分ずつ焼いてくれるんだろうか?」と思い

「YES」

と答え、出来上がりを待つ事に・・・

料金精算を受け取り前にすませて約25$・・・結構安いなーと思っていたら。

・・・・2枚出て来ました。何故?

2枚オーダーしたつもりはないし、料金安いし・・・

たしかに TWO IN ONEと聞こえたのですが・・・(一応、聞き返して見ましたし。)

未だに理由が分かりません。

投稿: 石井 けん | 2006年4月30日 (日) 22時04分

石井さん、こんにちは。

いや~、英語の質問で来ましたね!
既に錆び付いてきた英語頭をガタガタと回転させて、考えてみましたが、"Two in one"と言われたなら、私も、1枚で2種類ってことか?って思っちゃいますね。

あ、それとも、1個の箱に2枚入れようか?ってことだったのかな。
それだと、始めから25$で2枚というオーダーが通ってたってことになりますが。
カナダドルでのピザの相場って、いくらなんだろ。

"Two for one"なら、1枚買ってくれたから、1枚サービスしちゃうよw、って感じと思うけど…。
カナダのナチュラル・イングリッシュなんだろうか、う~ん。
二・三、当たってみます。
へなちょこで、お力になれず、スミマセンです。

私は、最初に行ったハワイで、すごく気分を害して以来、ファースト・フード店が最も英語の通じない場所と信じているので、海外旅行時には、極力行かないようにしてるんですよ。
ロスのマクドナルドも最低で、フランスのレストランのが、よっぽど通じました。
同じロスでも、個人の店だと、「や~、日本人また来たね~、ラザニアかい?よーし、サービスしとくぜぃ(山盛り)」という感じで、めちゃ陽気なアメリカンだったんですけどね。

私の場合は、ピザというか、オリーブオイルが好きなので、よくイタリア料理店に行きます。
パンにもオリーブオイルをたっぷり塗って食べちゃいます。
脂っこいものが好きという訳ではないのですが、オリーブオイルは好きですね~。
お店で美味しいと思ったら、どこ産の何というオリーブオイルか、聞いて購入しちゃう程です。
でも、イタリアには行ったことないんですよね、是非行ってみたい国の1つです。

投稿: いいぶう | 2006年4月30日 (日) 23時27分

ありがとうございますー。

サービスとか、だったのかなぁー。

ホテルへ帰る途中の道すがら、酔っぱらいの地元民に

「Oh-Pizza---ha,ha,ha----」と大笑いされました。

ニュアンス的に「こいつーピザ持ってるぜー、ハハハ」と感じたのですが、

「もしかして、外国では自分の買いに行ってテイクアウトするのは恥ずかしいコトなのか?」

・・・と疑問に。

2枚のピザはその日の夕食と翌日の朝食へ・・・3/4を残しました・・・。

あと、「ルートビールってビールじゃないじゃんっ。チャーリーブラウンのばかっ」と思い知りました。

щ(゚ロ゚щ) オーマイガーッ!!

投稿: 石井 けん | 2006年5月 8日 (月) 01時09分

ピザのテイクアウトは、多分よその国でもするだろうと思うので、酔っ払いならではの絡みだったのかなと思います(笑)。

テイクアウトと言えば、ロスのメキシコ料理店で、注文し過ぎて残してしまい、店員さんに「不味かった?」と哀しい顔をされ、美味しかったけど、満腹なんだよ~」と言ったところ、ニコニコとdoggie-bag詰めしてくれたことを思い出します。

あ、石井さんも、「ピーナッツ」の読者なんですよね?
私も、20数冊持ってますw。
ルートビアって、スヌーピーが何かの記念日にいつも飲んでるんですよね。
何の日だったか、ど忘れしちゃいましたが。
コーラに近いような色の、炭酸飲料水ですよね。

でも、石井さん、チャーリー・ブラウンとかが飲んでるってことは、ビールじゃないってことですよ~。

投稿: いいぶう | 2006年5月 8日 (月) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/9824321

この記事へのトラックバック一覧です: スルメ・ソング:

« ココログ、奇奇怪怪 | トップページ | 世間は、ゴールデン・ウィークなんですね。 »