« 更に「戦い続ける男たちへ」 | トップページ | 運を招くモノ »

2006年5月27日 (土)

手作りパン日和

 何だか、嵐のような風が吹いている。ダンナがいる土曜日、産婦人科に行こうと思ったのだけど、どうもだるくて、断念。折角早起きしたものの、半日は無為に過ごす。

 

 ダンナは、プレステでやってたガンダムのゲームを途中で放り出し、ガンプラに移行。ダンナが、子リスのようにプラモを作っているのを見るのは、結構楽しい。

 

 気分が良くなったので、千趣会で買った素を使って、パンを焼くことに。面倒なことをやる気になったのは、今週、ちょっとマメな人が降りて来てくれているような気配もあるし、友人のレシピブログを見て触発されたのもあるかもだ。

 

 私の場合、天邪鬼なんで、何でも、やれって言われるとやりたくなくなるんですよね。自分から思い立った時に、気ままにやるのが楽しいス。結婚してから、パンを作ったのって、村上祥子さんのレシピでメロンパンを作って以来、2回目だ、って、たった2回かよ、オイ!料理も、子供の頃は、大好きだったのになぁ?何でだろう~。

 

 Secondary_fermentation_1 粉、ドライイースト、卵、バターをこねる、このこねこね作業は、楽しいですねぇ。1次発酵に1時間かかるんだけど、最近は、レンジが適温に保ってくれるので、楽々ですじゃ。生地の空気を抜いて、丸め、2時発酵、更に1時間。すっかり膨らんでくれた生地に卵黄を塗って、ピーナッツをトッピング、焼くのに35分。作り始めが夕方4時と遅かったため、完成したのは、7時でした。I bake some bread in the oven.

 

 Peanuts_crown 見た目は、写真だと、いまひとつだけど、上々の出来です。早速食べてみると、熱々で美味しいんだけど、思ったよりあっさりした味。パンって、材料が少ないから、素材が物を言うって感じだ。このパンの場合も、卵とバターにもっと濃い味の、いいものを使えば、また変わってくるんだろうな。私は、ハチミツバターを、ダンナは、マンゴージャムを塗って、いただきました。結局これが、夕餉になっちゃった、ダンナ、ごめんちょ。

|

« 更に「戦い続ける男たちへ」 | トップページ | 運を招くモノ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/10270735

この記事へのトラックバック一覧です: 手作りパン日和:

« 更に「戦い続ける男たちへ」 | トップページ | 運を招くモノ »