« 2人のコレクション | トップページ | 今年も寒天始めましたw。 »

2006年5月24日 (水)

「ジャパンオープン2006」

 世間は、ワールドカップのことやら、白鵬関や把瑠都関ら新外国力士勢の台頭など、スポーツの話題が盛り沢山ですが、10日遅れで、フィギュアスケート・ジャパンオープン2006について。好きなことを好きな時に書く、ゆるゆるブログです(^^;)。

 

 この試合、シーズンオフ中な上、大会の主旨がよくわからず、正直期待していませんでした。日本チームv.s.北米チームv.s欧州チームというくくりって、何なんだ?地域別なら、日本チームではなく、アジアチームにして、韓国や中国の選手も出場願うべきじゃないかと思うんだけど。

 

 それと、体調不良で欠場とのことでしたが、キミー・マイズナー選手、見たかったですね。

 

 アレクセイ・ヤグディン選手、「仮面の男」。プルシェンコを下したソルトレイクの時と、同じ曲、同じ衣装ということだけど、見る影もなくお太りになっちゃって、どすこいだ。スケーターとは思えない程、顔が丸々。ジャンプは、大きなミスは無く、コンビネーションも決まってたけれど、全体的にどてっとした印象。最後はよろよろしているようにさえ見える。解説の八木沼純子さんも、「ちょっと最後疲れてしまったかな」と仰っている。

 

 テレビ東京の小島秀公アナは、お若いのに控えめで、民放のアナにしては、絶叫も連呼もせず、なかなかいい感じ。ダンナ情報によると、普段は、ゴルフの実況等をされているとのこと。納得。

 

 本田武史選手、プッチーニの「トスカ」。ヤグディンのことを悪く言えないなと思うほど、本田君も、どすこいだ。背中が見える衣装は、むちっとしたお肉が見えて、ちと厳しいなぁ。体型は、ちょっと哀しい感じだけれど、演技の方は、2度程、ジャンプ後にバランスを崩しつつも、ヤグディン選手より良かった。

 

 しっかし、毎回挿入されるキノシタグループの栗原はるみさんのCM、サブリミナル効果でも狙ってるんだろうか?

 

 え?エマニュエル・サンデュ選手は、カット!?得点は、高かったみたいだし、世界ランキング2位と紹介してたのに?

 

 ステファン・ランビエール選手、ビバルディの「四季」、背中がオレンジで、お腹が白の虎縞衣装で登場、前のぽちゃぽちゃな2人を見た後なので、一際手足が細長く見える。2回の転倒があったけど、フィニッシュのスピンは、流石の素晴らしさ。

 

 髙橋大輔選手、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲」、2回程バランスを崩していたけれど、キレとパワーが感じられて良かった。辛口の八木沼さんからも、「この時期、まだ、本調子じゃない選手が多い中、あの、これだけのものがいつでもコンスタントに出せるようになったというのは、やはりあの、トリノオリンピック出場の、おの大きな舞台で滑り切ったということが、大きいんじゃないかと思いますね」という、お褒めと労いの言葉が。

 

 ジェフリー・バトル選手、サンサーンスの「サムソンとデリラ」、この人って、バレエの王子様のような雰囲気。ダンナ曰く、「コイツ、手足が長げぇ~、もてあましてる感じだ…」。手足が長すぎるからか、バランスを崩し、思いっきりコケちゃって、コロコロ転がっちゃってましたね。それでも、キメキメのポーズが美しいんで、許せる感じだ。

 

 男子が修了、荒川さんがエキシビションで演技。もうおなじみの「ユー・レイズ・ミー・アップ」ですね。ちょっとバランスを崩す場面も見られましたが、ボディラインが以前よりも美しくなった感じで、綺麗。一瞬、会場のライトが落ちたようになって、八木沼さんと声を揃えて、「あれ!?」って言っちゃいましたが、演出だったんだろうか?

 

 アイスダンスの渡辺&木戸ペアも、カットされていて、残念。大橋未歩アナの舞台裏中継や、日本女子選手のプロフィールなどをカットしてやり繰りすれば、放送出来たんじゃないだろうか。

 

 荒川さんは、演技後から実況に参加、さいたまスーパーアリーナに1万9千人入ったという会場の熱気に、「日本でこれだけの規模の会場で滑るということが無かったので、ちょっと緊張してしまいました」と告白していた。

 

 アリッサ・シズニー選手、ミンクスの「ラ・パヤデール」、3度の転倒など、トリノの代表枠を最後までキミー・マイズナーと争ったというのが信じられない程の不出来。演技力不足もあるのか、物足りなさを感じる。八木沼さんも、「ちょっと調子が、最初に転倒してから、上手く最後の方まで気持ちを切り替えてもっていけていませんね」と指摘されていた。荒川さんは、フォローのつもりなのか、ボギャブラリーの不足か、「すごく見栄えがします」と2度も言ってて、ちょっと気になった。

 

 キーラ・コルピ選手、「ブルース・コレクション」、これは、ちょっと、選曲の不味さを感じるなぁ。安藤美姫ちゃんの「戦メリ」もそうだけど、背伸びし過ぎな気がする。私の場合は、少々保守的ですが、フィギュアの曲は、バレエやオペラからの選曲が好ましいです。演技の方も、ジャンプが抜けてしまったり、転倒したりと、いまひとつだった。八木沼さんは、「ジャンプのタイミングがちょっとずつ、ずれてきてしまってますね」「ちょっと後半に来て、疲れが出てきてしまいましたかね?」と仰っている。

 

 さて、安藤美姫選手、プッチーニの「蝶々夫人」、全く期待せず見たんだけど、まず、衣装がうーんと良くなったし、髪型もまとめた方が可愛い、体も締まった感じ。小島アナも、「体が絞れたような印象」とのこと。演技も、トリノの時と比べると、硬さがとれて、ゆったりと伸びやか。荒川さんは、「また少し大人っぽくなったかなという印象を受けました」「彼女のストレスといったり、プレッシャーだったりというものが、今は少ないのではないかなという風に思います」「のびのびと過ごしているように思います」、良く知る後輩の段になって、饒舌になり、解説も乗ってきたようだった。八木沼さんは、美姫ちゃんの社会人大学生の状態を、「スケートに向き合う新しいきっかけになる時期」と表現、足なんかも、「丁寧に上に上がるようになってきた」と褒めていた。確かに、逆スパイラルって言うのか、スパイラルに続くあの動きなんかも、以前は、お世辞にもカッコ良くは無かったけれど、今回は、まあまあ見られた。荒川さんは、「いいスタートを切れたんではないでしょうか」、八木沼さんは、「表情を見ていても、ひとつワンランク上に上がったかなと、ふっと何かこう、いい表情になったかなと感じた」と仰っていたし、美姫ちゃん本人も、トリプルルッツ・トリプルループのコンビネーションが決まってホッとしている感じ、素直によかったねと声をかけてあげたくなるような、久々にいい演技を見せてくれました。

 

 ところで、ロッテの荒川さんのCM、メイキングはワイド・ショーで見たんだけど、オンエアは、初見でした。歌は、下手ではないと思うけど、声があんまり好きじゃないんだよね~。ご飯をパクパク食べて、おかわりしている「金芽米」の方が、らしい感じで好きだ。トーヨーライスは、荒川さんに、5キロ5,000円もする最高級「特選金芽米」を、年間150キロから200キロ、一生贈り続けるそうで、景気のいい話ですね。

 

 一方、真央ちゃんのCMについては、「大豆のススメ」よりは、「ふわふわマオマオ」のが好き。軽くてふわっとしているというティッシュの商品イメージと、真央ちゃんの滑りのイメージがピッタリ合っているし、白い衣装も可愛らしい。

 

 ジョアニー・ロシェット選手、「枯葉~愛の賛歌」、転倒する場面もあったけれど、後半はコンビネーション・ジャンプを続けざまに決めて、なかなか見ごたえがあった。荒川さんからも、「今のオフの時期にこれだけ出来れば素晴らしい」とのコメント。

 

 サラ・マイヤー選手、「バイオリンとオーケストラのためのボレロ」、荒川さんも、「彼女の体型にすごく合っていて、すごくスタイルが良く見えます」と褒めていた、炎のような衣装も、演技も、華があって綺麗。パンツルックは、あまり好きじゃないけど、似合っていて良かった。私って、すっとスマートで華奢なスケーターが好きなんだよなぁ。演技を終えてすっかりリラックスしているランビエール選手が、マイヤー選手のスピンに合わせて首を回しているのが、お茶目で可笑しい。

 

 いよいよ真打登場、浅田真央選手、チャイコフスキーの「くるみ割り人形」。薄紫の新しいコスチュームも可愛らしい。最終滑走のプレッシャーを全く感じさせない、すんばらしい演技!!八木沼さんは、「すべて、あの、3回転、回転を上で飛んでから、余裕を持って降りてきていますからね」、荒川さんは、「見ている方も安心出来ますね」と、最上級の褒め言葉を連発。八木沼さんが、「身長が急激に伸びると、やはりその、目線ですとか、タイミングの感覚が変わるということがあるんですけれども、この浅田真央選手の場合は、全くそういう心配がないですよね」と仰る程、安定感がある。その上、空気の層の上で回転しているのかと思える程、エアリー。「ベルセルク」に、セルピコが風の精霊の剣を使いこなして、ふわりと浮くシーンがあるんだけど、そんな感じ。荒川さんは、「彼女は、非常に足首が柔らかいので、こういったステップも非常に上手です」、八木沼さんは、「深いエッジを使うのが上手いですよね」、まだまだ褒め言葉は続く。トリプルアクセル、3連続、2連続ジャンプも決め、解説・実況の3人からは、口々に「完璧」の言葉が漏れる。スパイラル・シークエンスの時の片手のひらひらとか、ちょっと幼過ぎる振り付けもあるけれど、パーソナル・ベストを更新した、素晴らしい演技でした。真央ちゃんの演技だけ、5回見ちゃいましたよw。

 

 最後、荒川さんのインタビューは、高橋選手の、「今日はホントにすごく楽しく出来て、良かったです。まあ、日本の足、日本チームの足を引っ張らずに終えたことが1番嬉しいです」、それを受けた本田選手の「多分、自分が1番足を引っ張ったかなぁと。またこのような試合があったら、もっと練習して、役に立つように頑張りたいと思います」という息の合ったコメントに助けられた感じだったけど、こちらまで、楽しくなるような雰囲気で、良かったです。

 

 何はともあれ、優勝おめでとう、日本!

|

« 2人のコレクション | トップページ | 今年も寒天始めましたw。 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/10230073

この記事へのトラックバック一覧です: 「ジャパンオープン2006」:

« 2人のコレクション | トップページ | 今年も寒天始めましたw。 »