« 今夜は、ちゃんとした韮玉でした。 | トップページ | 獅子の座にこそ直りけれ »

2006年5月18日 (木)

「毎日、ふと思う」

 今朝も、頭が痛くて、目が覚める。ひょっとすると、この調子の悪さは、連日の天気の悪さにも、起因するものがあるのかも。午前中一杯は、ひどい状態だったのに、目や肩を温めたのが良かったのか、午後に入って、すぅーっと軽くなって、嬉しくなり、ウキウキと部屋を片付けましたw。I tidied up the room.

 

 と言うのも、日曜に買って読んだ浅見帆帆子さんの「毎日、ふと思う 帆帆子の日記」に、「汚いところに神は降りない」との一文があって、それに共感したため。

 

 浅見さんの本は、2004年に発売された改訂版「ロンドンの勉強 ワクワクの探し方」を読んで以来。「ロンドンの勉強」を読んだ時は、お金持ちのお嬢さんが、優雅なロンドン留学をして、帰国後即、その日記が出版されるという運の良さに驚いたのだけど、その時は、彼女の他の本には食指が動きませんでした。最近、彼女の主な著作が文庫化されたので、すごく売れているらしい「あなたは絶対!運がいい」など、何冊か読んでみようと思って、まず読んでみたのが、この「毎日、ふと思う」。「ロンドンの勉強」の時は、そんなに気にならなかったんだけど、絵の感じとか日記全体の雰囲気が、銀色夏生さんの「つれづれノート」に酷似していて、こんなに似てていいのかな?と心配になる程。その浅見さん、相変わらず優雅にホテルのスゥィートに泊まったりされていて、その辺りの金銭感覚なんかは、銀色さんというより、林真理子さんに近いかも。この日記を読むと、彼女が、いかにプラス思考で、チャンスの前髪を掴むのに長けている人であるかということが、読み取れます。啓発本を読むのは抵抗あるなぁという、私みたいなタイプ人でも、日記ならとっつき易いし、さらっと読めるから、進路に悩んでいる学生さんなんかが、気軽に読むといいかもしれません。

 

 ここのところ、甘いものが食べたいバイオリズムらしくて、昨日もスタバで「バナナ クリーム フラペチーノ」を飲みました。思ったよりあっさりとした甘さで、美味しかったです。ホイップの上にトッピングされているという、クレームブリュレトッピングの味は、全くわからなかったけど。ダンナは、「キャラメル マキアート」に「スィートチリチキン サラダ サンドイッチ」。ダンナは、私と結婚してから、スゥィートチリソースで食べるチキンにハマっていて、美味しいと言って食べていたけれど、サラダサンドは、イマイチ言っていた。と思ったら、パッケージの中にドレッシングが入っていて、かけて食べるべきものだったらしいから、スタバには罪は無かったようだ。うちのダンナの場合、こういうことは、本当によくある。

 

 今日も、甘いものをつまみつつ、掃除をしていると、ダンナが帰宅。部屋が少し片付いているので、すごく機嫌がいい。ダンナが買ってきてくれた「ハリー・ポッターと謎のプリンス」を受け取ったところへ、私が注文した「ゲド戦記」の6冊セットが届いても、文句を言われなかったので、内緒で買った通販品について、ここぞとばかりに告白。流石に、ちょっと叱られちゃいました(^^ゞ。

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

毎日、ふと思う

|

« 今夜は、ちゃんとした韮玉でした。 | トップページ | 獅子の座にこそ直りけれ »

お取り寄せ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/10135790

この記事へのトラックバック一覧です: 「毎日、ふと思う」:

« 今夜は、ちゃんとした韮玉でした。 | トップページ | 獅子の座にこそ直りけれ »