« 「ジョー」お爺ちゃんの1日 | トップページ | 五月の病と青嵐 »

2006年5月 5日 (金)

黄金の左手(ひだり)

 ゴールデン・ウィーク真っ只中ですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか?ワタクシ、3日4日5日と、ダンナ連れで、3ヶ月振りに実家に帰っておりました。

 

 今回帰省したのは、母の日と父の日のプレゼントを渡すためで、誕生日もゴールデン・ウィーク中である母には、赤いタンクトップと楽天で買った資生堂の香水、別送で、これも楽天で注文した「魔法の花束」、これは、5月11日~14日に届く予定。リタイアして、社交家に豹変した父には、お出かけ着としてシルクのシャツを。全部で、約25,000円程を妹と折半しました。

 

 実家に帰ると、職場の同僚の方々とお取り寄せをしている妹が用意してくれていた、菓子工房フラノデリスの「ふらの牛乳プリン」。「とんねるずのみなさんのおかげでした」の「お土産ベスト20」で、8位にランクインしていたこのプリン、食べてみると、結構甘味があるのにくどくなく、後味がさっぱりしていて、驚く。プレーン・ヨーグルト以上の柔らかさ、滑らかさで、もう少し固形のプリンが好みのワタクシとしては、惜しいっ!という感じですが、ダンナは、いたくお気に召したようで、翌日もう1個もらって、ホクホク顔で食べておりました。

 

Furano_pudding_1

 

 4日の夜は、父が旅行で不在だったため、母と妹とダンナと私で、実家に帰ると必ずと言う程食べに行く、行きつけの焼肉屋さんへ。このお店は、某有名歌手のご両親が経営されているお店だったのだけど、お身内にご不幸が有り、今年になって、経営者が娘さんの代になったとたん、味が落ちてしまった感じ。ダンナは、以前のこのお店の癖の無い豚ホルモンがお気に入りで、毎回、母と争うように食べていた。それが、肉の下処理に差があるのか、癖の有る味になっていて、ダンナ、かなりショックを受けた模様。It doesn't taste the way it did before. お店の名前も、以前は、韓国の有名な地名から取った、美しいいい名前だったんだけど、改装オープン後は、「焼肉○○(ご家族の苗字)」という平凡なものに変わってしまった。値段も上がったみたいだし。代替わりして、味が落ちてしまうというのは、よくあることだけれど、この店をダシにダンナを連れ出して帰省してたので、ホント残念。

 

 4日5日の朝は、マン喫へ。お目当ての本が入っておらず、店内をうろつくうち、朝日新聞の土曜版に「ベルばらKids」が連載されていることを思い出し、「ベルばら」に初挑戦することに。2日間、計3時間で1~9巻まで読破。歴史モノということで、意外に字数が多く、思いがけず時間がかかっちゃいました。昔の名作漫画って、無駄が無いなぁ~というのが、感想。今の漫画家、というか、編集者が、「ベルばら」を手がけたら、何10冊にも及んじゃうんではないだろうか。それをたった9冊で、見事に完結させている点に、感心させられました。登場人物の中では、近衛連隊長時代の部下で、親の決めた縁談相手のジュローデルが好きかな、ロン毛好きな訳じゃないけど、潔く身を引くところが良い。

 

 外伝も置いて有りましたが、読まず。と言うのは、時に本編の世界観を壊しかねない、外伝とか続編というものがもともと好きでないので…。ただ、「ベルばらKids」については、原作者の池田理代子さんご自身が、パロディ漫画を描いていらっしゃるのが面白く、毎週欠かさず読んでいます。

 

 Miso_curry 帰りには、相変わらず、沢山のお土産を持たされました。中でも嬉しかったのは、通販お取り寄せ品の、「八丁の味噌カレー」、「きらず揚げ」、「温泉パン」。「八丁の味噌カレー」は、実家の近くの美味しい洋食屋さんが、カレーの隠し味に味噌を使うと言っていたので興味があったのと、「純情きらり」関係で、カクキューの公式サイトをチェックした時に、通販のページに掲載されているのを発見し、すごく気になっていたので、かなり嬉しい。「きらず揚げ」は、秋元康さんがお取り寄せして食べているというのを耳にしたため、是非食べてみたかったお菓子。「温泉パン」については、以前から、妹が取り寄せる度に気前良くおすそ分けしてくれるのですが、しっかりした生地が私好みで、優しい甘さも気に入っているもの。私の場合、何でも1人で取り寄せることになるので、毎回かかってくる送料が大問題なのだけど、妹の場合は、お取り寄せ仲間と割り勘なので、羨ましい限り。

 

 Golden_left_hand1 今回のもう1つの収穫は、実家の猫「福」の、我が家で"黄金の左手(ひだり)"と言われている技を、写真に収めることが出来たこと。猫は、どうも左利きが多いようですが、我が家の「福」もそうで、この猫、好物のマグロの刺身をもらうと、左前足の爪にマグロの切り身を突き刺して、そのまま口へ持っていって食べるという得意技を持っているんです。Golden_left_hand2 こういう食べ方って、猫を飼ったことの無い人に言っても、なかなか信じてもらえないのですよね~。1枚は、猫の上部が切れてるし、1枚は、猫が動いてしまっている、素人の下手くそ写真ながら、"黄金の左手(ひだり)"を繰り出す様子が、何とかおわかりいただけるのではないでしょうか?

 

*オススメサイトへのリンクです*

「ベルばらkids」 公式サイト

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

とんねるずのみなさんのおかげでした で紹介!食わず嫌い王のお土産プリン!北海道富良野発!...

【三河佃煮】きらず揚げセット 選べる3点セット

温泉パン 選べるお得な6袋セット

|

« 「ジョー」お爺ちゃんの1日 | トップページ | 五月の病と青嵐 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

お出かけ」カテゴリの記事

お取り寄せ」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/9916931

この記事へのトラックバック一覧です: 黄金の左手(ひだり):

« 「ジョー」お爺ちゃんの1日 | トップページ | 五月の病と青嵐 »