« まいった…。 | トップページ | 洗濯指数100 »

2006年6月19日 (月)

鹿犬ドーベルマン

 久々にスカッと晴れたので、バスマットやトイレマットも含め、目に付くものをドンドン洗っていたら、その2回戦で、今度は、右手の中指の生爪を剥がしかけて、出血…_| ̄|○。I have a break on one nail. ほとんど家に籠ってるのに、何で生傷が耐えないのか~、らららぁ~。病院で、火傷治療のついでに薬を塗ってもらえたのは、良かった。

 

 今日は、1番酷い状態の右手薬指の皮を先生がちょっとめくって、まだ中が赤剥けの状態で、新しい皮膚が再生されていないことを確認。先生、「治りが悪いね」とのたまった。初診の時、水泡が小さかった割りに、火傷が重度だったということもあるみたい。1番寝ずに冷やしたからね~。「ひょっとすると、治りが悪いのは、下垂体ホルモンの出が少ないからかも。それとも、常用しているコートリル錠が、炎症を抑えて、水泡があまり出来なかったのかなぁ?」と、先生も良くわからないご様子。看護婦さんも困り顔。治りが悪い原因が、老化のせいじゃないといいけど。病気と薬、皮膚の再生の関係は、アメリカで研修中の主治医にメールで聞いてみよっと。

 

 帰りがけ、すわっ、ファンタジー世界の住人か!?と息を呑むような、角が生えた奇怪な生き物が近付いて来る~と思ってビビッていたら、ドーベルマン・ピンシャーの尖がった両耳に、ガーゼがテープで止められていただけだった。新種の鹿かと思ったさ~。びっくらこいただ~。

|

« まいった…。 | トップページ | 洗濯指数100 »

医療・健康」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/10599852

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿犬ドーベルマン:

« まいった…。 | トップページ | 洗濯指数100 »