« 利き手を火傷です…。 | トップページ | 666の悪夢、その後 »

2006年6月 6日 (火)

夜間急病診療所デビュー

 ダンナが帰宅後、夜間急病診療所へ連れて行ってくれると言うんで、早速電話して、状況を説明すると、診ていただけるようなので、行って来ました。

 

 保冷剤を全て使い切ってしまったので、凍らせてあった青汁で冷やしつつ、出かける。夜間急病診療所って、初めてだったんだけど、やっぱり、子供さん多いね!泣いてる子供は、苦手ですが、病院では、お互い様という気持ちが強く働くからか、意外と気にならない、それとも、手が痛いからか?

 

 程なく診療室に呼んでもらえるが、外科だと言う先生、「第2度の火傷だね、とにかく、冷やしてね」と優しく仰るのみで、特に処置は無し。「多分、今日眠れないよ」と、処方して下さった薬は、脳外科で処方されている痛み止め薬・ロキソニン。行った意味は…?安心感を得られたことか?

 

 冷やしてないと、手がビリッビリ痛むので、今も冷やしつつ書いているのですが、病院で、青汁が解け切ってしまい、看護師さんがくれた保冷剤では、間に合わず・゜・(ノД`)・゜・、泣きながら、ファミマでロックアイスを買って開封、その中に手を突っ込んだまま、帰宅。

 

 座薬も出してもらいましたが、今夜は、徹夜の様相を呈してまいりましたぁ~。The pain is going to keep me up all night.

|

« 利き手を火傷です…。 | トップページ | 666の悪夢、その後 »

医療・健康」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/10422189

この記事へのトラックバック一覧です: 夜間急病診療所デビュー:

« 利き手を火傷です…。 | トップページ | 666の悪夢、その後 »