« 座右の銘は、因果応報 | トップページ | つづく幸せやってきたその12 »

2006年6月 1日 (木)

大きなクシャミと小さなクシャミ

 もうずっと長いこと、鼻の調子が悪くて、クシャミ・鼻水は毎日、鼻を強くかみ過ぎるからか、先日から鼻血も参加して来てくれちゃって、参ってます。I can't stop sneezing every day. 考えないようにしてたけど、これって、何かのアレルギーだったりするよね…。うぅ。

 

 ところで、小さいクシャミって出来ます?私は、恥ずかしながら、出来ないんですよね、もう、ぶゎっくしょぉーいっ!!ってな感じの、めっちゃでっかいクシャミ。両親も、妹も、大きいクシャミしか出来ない面々。自分なりに我慢してるんですけど、入院時に測った肺活量が4,800cc(多分成人男性並み)だったワタクシ、クシャミをする前に、すぅーっと深呼吸をしちゃうんですよね、それでなのか、どう頑張っても、デカイんですわ、コレが。ダンナには、「とても女の人のするクシャミとは思えない」と言われてますです、ハイ。

 

 一方、そう言う、うちの小動物系ダンナのクシャミはと言えば、ホントに子リスがしたのか?と思う程、くちゅん、というようなちいちゃな可愛らしいもの。ダンナがクシャミをする度に、コツを尋ねるのですが、ダンナもわかんないみたい。「俺は恥じらいってものがあるから」とか、ぬかしちょります、ヽ(`Д´)丿ムキー!そんなダンナのクシャミを観察してみると、深呼吸は、していないみたいなんですよね~。訓練すれば、今からでも、小さく出来るようになるんかいな?

|

« 座右の銘は、因果応報 | トップページ | つづく幸せやってきたその12 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/10356052

この記事へのトラックバック一覧です: 大きなクシャミと小さなクシャミ:

« 座右の銘は、因果応報 | トップページ | つづく幸せやってきたその12 »