« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月の記事

2006年7月31日 (月)

雨降って地固まる?

 ダンナとは、仲直りしました(^^ゞ。

 

 まだまだ引っ張れそうな感じだったんですが、大人なので(苦笑)、新メニュー好きのダンナのために、夕餉のパスタを新しいレシピで作ったため、向こうも機嫌を直した訳です。He likes novelty menu.

 

 と言っても、全然大したものじゃなくて、栗原はるみ先生のご子息の心平さんのお得意という、「すてきレシピ」の「ぺペロンチーニスパゲッティ」が、私ら夫婦にはシンプル過ぎるため、いつも勝手にアスパラとベーコンを投入して、全く別物にしちゃって食べているんですが、今日は、それをプロッコリーとアンチョビにしただけの簡単なもの。我が家のアンチョビのパスタの定番は、マロンちゃんこと坂井典夫さんのレシピの「キャベツとじゃがいものパスタ」だったんだけど、それよりも、さらに手間要らずで、最近食べてなかったブロッコリーも食べることが出来、一石二鳥、イヤ、仲直りもしたから三鳥か。ググったら、美味しそうなレシピが山程出て来ますから、何なんですが、我が家の「一石三鳥パスタ」は、以下の通り。

  1. ブロッコリー1房を食べ易い大きさの房に切り分け、赤唐辛子1本は、種を取って小口切りにし、アンチョビ3~4切れ・にんにく1かけは、荒みじん切りにする。
  2. 深い鍋でたっぷりのお湯を煮立たせ、大さじ1強の塩と2人分のパスタ(約200g)を入れ、その鍋でブロッコリーも一緒に茹でてしまう(ブロッコリーは灰汁が出ないから一緒に茹でていいと聞いたことがあるため。ちなみにマロンちゃんレシピだと、じゃがいもとキャベツも一緒に茹でることになってます)。
  3. ブロッコリーは、お好みの固さまで茹だったら、先に取り出す。うちの場合、ブロッコリーが取り出しやすいように、鍋の口より1周り大きいザルをセットして茹でました。
  4. パスタを茹でている間に、フライパンにオリーブオイル大さじ2強を入れ、焦げないように火をつける前ににんにくと赤唐辛子を入れて、弱火で炒める。
  5. アンチョビ、ブロッコリーも入れ、パスタの茹で汁もお玉に半分くらい投入、中火で炒め、塩・ブラックペッパーで味を調える。
  6. 茹で上がったパスタは、お湯を切り、フライパンに投入、手早く和えて出来上がり。

 ダンナは、魚嫌いなのに、パスタのアンチョビは、気にならないらしいから、アンチョビ好きのワタクシとしては、もうちょっと入れても良かったかもだけど、アンチョビは、出汁のようなものだから、入れ過ぎると主張し過ぎる気もします。

 

 夜は、「シュレック」。先日、ユニバーサル・スタジオで、続編というか外伝というかの「シュレック 4-D アドベンチャー」を見たところなので、タイムリー、楽しめました。ダウンタウンの浜ちゃんと藤原紀香さんのキャスティングは、面白いけれど、最近のジブリ作品と同じで、声でタレントさんご本人のお顔が思い浮かんでしまうので、私的にはイマイチかな。山寺宏一さんは、流石、「シャル・ウィ・ダンス?[オールスター社交ダンス選手権]」の第2シーズンで、見事優勝した活躍振りで、マルチな才能を発揮されているけど、この人程上手い声優さんっていないんじゃないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

ついに梅雨明け、だかしかし…。

 金・土・日の間、毎日ダンナと喧嘩しては、仲直りを繰り返し、今は、喧嘩中です(-_-;)。We are locked in a conflict.

 

 そもそもの始まりは、TVで見た家事を全くしない専業主婦の話題から、ダンナが発した「いいぶうそっくりじゃん」の一言が、どうしても許せず、強く強く抗議したため、抗争が勃発。私の言い分としては、病気持ちの半人前かもしれないけれど、半人前なりに家事はこなしている、トイレ以外の掃除はサボり気味ながら、洗濯は好きだし、料理も毎日している、というもの。特にここ数日間で6回も洗濯機を回した上、家中掃除した直後だったため、そりゃあもう、頭に来たって訳。

 

 一方のダンナは、物が捨てられず整理整頓が苦手な妻の代わりに、自分がより多く片付けを分担させられることにストレスを溜めていたらしく、こっちはこっちで、大爆発。

 

 金曜の小競り合いは、土曜にダンナをマン喫茶に誘って収まったのに、土曜の夜にまたダンナが仕掛けてきて、今朝は、新しいゲームを仕入れに行こうと誘って収束したのが、夜になってまた再燃してしまった。3回目にして、お互い言いたいことをガンガンぶつけ合ったので、スッキリしたけれど、今回は、ちと長引きそうやなぁ~。

 

 マン喫では、「NANA」8・9巻の他、「あずみ」39巻、「鋼の錬金術師」14巻と読めたし、ゲームは、「トルネコの大冒険3」を買えたし、ダンナもアドバンスのガンダムソフトを買った、金曜は、ピザーラをとったし、土曜は、クレープを食べに行った、今日のお昼も、いつもの喫茶店でサンドイッチを食べた、ここまでやっても、お互い火種を消せなかったワシら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

「トトロ」に想う

 文化庁の「国語に関する世論調査」とやらで、目上の人にも「ご苦労様」という人がいることがわかったらしいですね。「様」を付けると、何だか丁寧な感じがするからでしょうか。しかし、「様」を取って考えると、「お疲れ」なら、同僚や友人、部下や後輩なんかに使ってもいい感じがするけれど、「ご苦労」は、誰にも使えないことを考えると、「様」を付けたところで、「ご苦労様」を目上の人に使うのは、失礼なんじゃないかなと思えてきます。

 

 以前から、「となりのトトロ」でサツキちゃんが、引越し業者の方に向かって「ご苦労様」と言うのが気になっていたのですが、やっぱり失礼だったかという感じ。このアニメは、古き良き時代という観点で、昭和30年代の日本を描いているんだろうから、トラックの荷台に子供達が隠れていたりしても、目くじらを立てることは無いと思うけれど、この「ご苦労様」だけは、昨日の放送でも、やはり気になっちゃいました。

 

 逆に、「トトロ」を見ると、日本のいたるところで、鎮守の森が、年々歳々、小さくされちゃってるけれど、大丈夫なんだろうか?ということを考えさせられます。Because of forest deforestation, many groves of a village shrine were destroyed. うちの実家の辺でも、普通列車しか止まらない無人駅が廃止になることが決まり、交番も近くの街のものに吸収合併されるらしいという程の田舎なのに、鎮守の森が消え、田んぼのあぜ道は、舗装され、蛍もほとんど見かけなくなりました。そう言えば、土木関係の仕事をしている知人のお役人様は、「人が通る道路という道路は、舗装されなければならない」、とまあ、実に阿保らしいことを言っていたっけなぁ。通る車は軽トラのみで、歩いている人は、犬の散歩をさせる人か車に乗れない農家のお年寄りくらいでも?と聞いてみたけど、「それでも」、だそうです(苦笑)。

 

 ところで、昨日の放送で、ラストの糸井重里さんによるコピー、「このヘンな生きものは、まだ日本にいるのです。たぶん」 、がカットされたのは、何ででしょうね?手嶌葵さんの歌を流すため?私的には、手嶌さんより、谷山浩子さんを久々にお見かけして感動。

 

 Yahoo!ニュースによれば、宮崎駿監督、アカデミー賞の選考委員の座を蹴ってしまわれたとか。「創作活動への専念を理由に辞退を決めたという」ことらしいです。ということは、これからも新作を期待出来る訳ですね。「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」には、似た印象をもったので、次回作は、全く違うテーマの作品をお願いしたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

麗華さん、ありがと~w。

 サイバーダインシステムズ社のメディアコントロール主任ディレクター、美人広報キャラ・綾小路麗華さんが、ご自身のブログで拙ブログの記事に関して言及して下さった上、TBまで返して下さいました~\(^o^)/。

 

 ユニバーサル・スタジオでは、雨が降ったり止んだりだったため、ショーやパレードは、中止になるわ、フードカートは、店じまいしちゃうわと、生憎の道行きだったのですが、食べ物は、美味しかったし、アトラクションも楽しめました。中でも、「ターミネ-ター2:3D」は、綾小路麗華さんの存在で、異彩を放ってた(笑)。

 

 ユニバーサル・スタジオに行ったことがある方は、勿論、これから行こうと思っている方も、麗華さんのブログ、必見ですよ~。是非ご覧あれ!但し、8月31日までの期間限定ブログだそうですので、お早めに!!

 

<関連記事>

スペシャル・サンクス

麗華さん、またまたありがと~w。

2006夏旅・大阪編

 

*オススメサイトへのリンクです*

麗華ブログ2006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

浄化

 「癒し」って言葉は、天邪鬼ないいぶう的視点からすると、何となく胡散臭い気がして、普段から極力使わないようにしているんですが、昨晩久しぶりに夜更かしして、NHKの「探検ロマン世界遺産」の絶景ベスト30を見たら、ちょっと使いたくなりました、「癒された~」。世界遺産の中だと、建物を見たい方なので、モン・サン・ミシェルやタージ・マハルなど、ちょっとミーハーかなという感じな「文化遺産」を見てみたい気がしていたけれど、30箇所の絶景をダーッと見せられたら、九寨溝や黄龍などの中国の「自然遺産」に心を動かされました。山中の青い湖ってのが、ツボなのかも。

 

 普段、自分を「癒す」方法としては、アリストテレスが説いたとかいう、"カタルシス"、文学作品なんかを読んで泣くことが、手っ取り早くていい。私は、泣き上戸なので、泣くための"泣き本"は、沢山あるのですが、特に哀しい話でもないのに、読み返す度に目からツーッと涙が出てくるマンガ、それは、鳥山明先生の短編の数々。「アラレちゃん」は、全巻持ってるんですが、「ドラゴンボール」は、16巻くらいまで買って挫折、先日マン喫で読んだという長編が苦手なファンとしては、鳥さが自分のペースで描いたと仰る短編にこそ良さがある!と思うのであります(`´)ゞ。今朝も、また泣かされちゃったし…。I cry when I read that stories. 1番好きなのは、前にも書いたけど、「サンドランド」。

 

 「癒し」と言えば、ゲームも好きでよくやるけれど、最近中古で買った「ドラクエVIII」は、エンディング目前で無期限休止中。私の場合、大体この、ラスボス1歩手前でやる気を失くすか、最後までやって何度も繰り返しやり込むかどちらかのパターンになる。「オウガバトル64」は、後者のいい例で、「ドラクエVIII」を放り出してからやり始め、今日、何度目かのエンドロールを見ました。続編嫌いで、「ワイルドアームズ」とか、「ヴァンダルハーツ」に続編が出た時は、哀しかったけど、「オウガバトル64」については、私としては、買って正解だったな。

 

 今日もまた洗濯。唯一、胸を張って好きと言える家事。これも、私にとっては、「癒し」なのか。

 

 映画で泣くのもいい。「ウォルター少年と、夏の休日」も、思いがけず、ほろりとさせられました。サー・マイケル・ケイン&ロバート・デュヴァルという2人のアカデミー俳優プラス、天才子役ハーレイ・ジョエル・オスメント君の組み合わせの妙といった感じか。少年は、老人の話す荒唐無稽な昔話に引き込まれるが、一体この話は、真実なのだろうか?というストーリーから、私は、テリー・ギリアム監督の「バロン」を連想したけれど、他の方のレビューを拝読したところ、ティム・バートン監督の「ビッグ・フィッシュ」にも似てるらしい。それでも、楽しく見ました。良かったです。

 

*オススメサイトへのリンクです*

「探検ロマン世界遺産 絶景!これがみたい ベスト30」 公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

暑ぅござんす~♪

 晴れました\(^o^)/。昨日も洗濯したんだけど、今日もリネンやカバー類などの大物洗いで、3回回しましたよ、洗濯機。I run the washer all day.

 

 友人が鬱になった話を聞いて、昔、鬱になった別の友人の言動へ対応するのにクタクタになったことを思い出し、何だか自分まで鬱っぽくなったような気がして、気が付くとため息を付いちゃってて、ちと困っていましたが、洗濯して大掃除したら、かなり復活。多分、憂鬱な気分と鬱という病気とは、かなり違いがあるんだろうけど、なかなか自覚しにくい病気らしいから、気分が沈んだまま、2週間経過したら、お医者さんなど、プロに相談した方がいいらしいです。

 

 昔、鬱になった友人は、大学の同級生で、男癖が悪くて、彼女がいる先輩にしつこく迫ったりしつつ、他の先輩や同級生にちょっかいも出す困ったチャンだった。傍目から見ると、自分勝手に生きてるように見える人でも、鬱ってなるもんなんだ~と思ったものです。最近鬱になったという料理師匠は、ゲームにもムキになる負けず嫌いの完璧主義者ってところに問題があったのかな、結構他人には辛辣なことを言ったりする人なんだけど。風邪のようなもんで、誰でもなり得る病気ってことでしょうね。あっしみたく、子無しの専業主婦で、のほほんと暮らしてても、なるかもな訳だ、ただでさえ病気持ちの駄目主婦でダンナに申し訳ない状態なのに、これで鬱まで併発したら困っちゃうなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

暑中、お見舞い申し上げます。

 今日は、曇り時々晴れ。私も、豪雨の時、車検で借りた代車を水没させた過去があるので、被災している方々のことは、ホント、他人事じゃないです。何しろ晴れて良かった。

 

 今日、楽天で「温泉水99」を買おうと思ったら、品薄状態らしくて、注文出来ず。テレビの威力を感じる…。代わりと言っては何だけど、「日田天領水」と米を注文。毎朝飲んでいる野菜ジュースも通販したいんだけど、近所の薬局で買った方が安いので、断念。We drink vegetable juice every morning.

 

 今朝早く、「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (13)」が届く。私自身は、ガンダム世代とは言え、うろ覚えで、時々思い出したようにプレステでガンダムのシュミレーションゲームに勤しむ"ガンオタ"ダンナに、語句の説明をしてもらったりしているんですが、案外このシリーズ、私みたいに、好きでよく見てたんだけど、ほとんど覚えて無いよ~というタイプの人が1番楽しめるかも。アニメでは描かれなかったけれど、あってもおかしくないキャラ同士の絡みや、各キャラの心情なども、丁寧に描かれていて、面白い。

 

 13巻では、ランバ・ラルにコロニー落としを断られて、思い惑うドズルや、否応無しに戦争に巻き込まれながら、兄の死に疑念を抱くセイラなどの話も興味深いし、黒い三連星とシャアが、お互いの新型MSを前に小競り合いをするシーンも楽しかった。今回は、戦争で犠牲になる市井の人々の姿にもスポットが当てられていて、更にその人達は、日本人の血を引いていると設定になっており、考えさせられる。ガンダム展の時にも感じたことだけど、改めて、ガンダムって、戦争の話なんだよなと思う。一方、うちのダンナは、「こんな人達出てきたっけ?」と、アニメとの差異が気になって仕方ないみたいだ。

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

「機動戦士ガンダムTHE ORIGIN (13) 」安彦良和(著)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

男前?

 男前豆腐店の「男前豆腐」、やっと食べました。他の商品は、食べたことがあったんだけど、社名を冠したこの豆腐は、初挑戦。輸送の間に、パッケージの下部に水分が溜まるように出来ていて、普通水に浮いた状態で流通している他の豆腐とは、ちょっと違う不思議な食感。私は、「ジョニー」や「みどりちゃん」のが美味しいかな。

 

 ところで、男前豆腐店の公式サイトを久しぶりに見に行ったら、ジョニーが深々と頭を下げているので、何かと思ったら、産廃のマメ柄を燃やしてたらしいですね。豆腐とか豆乳って、おからとかの産廃が大量に出るんだよね、それにしても、今時燃やしちゃいかんよね。There is a rule against burning industrial waste.

 

<関連記事>

勝率5割で終了です。

刺身の妻でも、妻は妻

栄養補給な2日間

 

*オススメサイトへのリンクです*

男前豆腐店株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

大暑

 土用丑の日ですが、「う」の付くものを召し上がりましたか?

 

 昨日から、旅行疲れが出たらしく寝込んでいるダンナ、私もまだちょっと疲れを引きずってる。I drank an energy drink for three consecutive days. こういう時こそ、蒲焼とかを食べるべきなんだろうけど、鰻屋の孫娘のいいぶうが鰻嫌な我が家、梅干もうどんも瓜も牛も食べてないな~。そう言えば、昨日の夜は、牛丼にしたんだった、しまった…。天気も悪いし、衣類の虫干しをする「土用干し」もしてない、他にも、お灸をすえるといいとか、色々あるみたいだけど、結局何もせず、うだうだした1日。

 

 疲労のいいところは、早く眠くなる点です。普段は、思いっきり宵っ張りの私ですが、ここのところ早寝早起き。睡眠不足って、怪我も治りにくくするみたい、よく考えたら当たり前だけど、全然気付かなかった、火傷が痕になる訳だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月22日 (土)

グッド・ニュース☆グッド・タイミング

 昨日、元の職場の先輩と料理師匠にUSJのお土産を送ったところ、励ましメールには無反応だった鬱状態の友人から、お礼のメールが有り、一安心。先輩の方は、何と、今日が誕生日(!)だったそうで、365分の1の確率で起こったハッピーな偶然を、お互いに喜び合うことが出来ました(*^_^*)。Today is my alumnus's birthday ! タイミング良く人を楽しませたり、力づけたり出来ると、嬉しいですね。この先輩から、クリスマスプレゼントをいただいた時は、隠遁してる自分を気にかけてくれる人がいることに感激したのに、なかなかお返し出来ず、心苦しく思っていたので、ホッとしました。こういうことが起こる相手とは、縁というものを感じるなぁ。

 

 ジダンも罰金だけで、MVPは剥奪されなかったし、オシム監督には就任してもらえたし、えがったえがった~。

 

 天気もよく、気分も良く、思わずたらこキューピーのCDを予約しちゃいました(^^ゞ。今ならストラップやステッカーが付いた初回限定版をGet出来ますよ!

 

<関連記事>

勝手に祝い酒

赤ちゃんかぁ、むむむ。

たらこキューピーとハナコアラ

薔薇とたらこキューピー

たーらこーたーらこー♪

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

 

たらこ・たらこ・たらこ(初回盤)

 

キグルミ/たらこ・たらこ・たらこ(初回限定盤たっぷりたらこボックス)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

今日から平常運転です。

 旅行中は、1日目2日目は、薬2錠、3日目は、3錠飲み、帰宅してからも、3日間2錠ずつ飲んでいる。しかも、帰ってからは、毎日ドリンク剤とアリナミンまでドーピングしてますが、何とか生きてます。

 

 水曜、皮膚科に行ったら、包帯を取っていいとのお達し。看護婦さんに「長かったね~」と声をかけられる。結局、少し痕が残ってしまいました(T_T)。

 

 去年、昔の職場の先輩がクリスマスプレゼントを送ってくれたのに、恥ずかしながら、お礼を言っただけで、お返しを出来ずにいた。旅行にいったらお土産を買おうと思っていて、ちっとも旅行に行かなかったんですよね。で、今日やっと、USJで買ったクお土産を郵送しました、あ~、良かった。

 

 ついでに、鬱であるらしい料理師匠にもお土産を郵送。私なりに頑張って書いた励ましメールを送ったんだけど、無しのつぶてなのは、多分、知り合いとは、むしろしゃべりたくない心境なのでしょう。今日、Yahoo!ニュースで、「mixi疲れ」についての記事を読んだ。記事には、「見知らぬ多数のマイミクと親しく振る舞おうとする努力は、飲食店店員の笑顔のようなものという。当初は、少ない客に対して心からの笑顔を見せていた店員も、客が増えて忙しくなるにつれ、笑顔が義務化し、笑顔を作ることに疲れ、ストレスをためてしまう。関係が薄いマイミクにあしあとを付け、コメントを付けては疲れるという“mixi疲れ”の症状も同じ構造だ」と書いてあった。これって、ブログにも言えますよね。料理師匠も、皿を投げ割ったりしてるらしく、ハッキリと鬱の症状があるのに、ある意味、自分を装って書いている料理ブログを過度に頑張り過ぎていて、ダイジョブかいな~と思う。でも、ブログ中毒になっている今は、何を言っても聞く耳持たねぇという感じのようなので、ここは静観するしかない。これで、鬱になった友達は、3人目。親身になってアドバイスすると、何故か逆に敵意をむき出しにしてくるので、こういう時は、引くべし引くべし。鬱ってさ、やっぱり、お医者さんとか、プロに相談した方がいいと思うなぁ。Maybe she should talk with a doctor. じゃないと、本人も、周囲の人達も、クタクタになっちゃうよ。

 

 Meiji_yogurt 夕刻、楽天マガジンの先着プレゼントのヨーグルトが届いた。ダンナは、この「美しいあした」のドリンクタイプを愛飲しているくせに、固形タイプは、食べないんですよ、基準がわからん。美容アドバイザー・佐伯チズさんのお気に入りの食べ方として、しょうがの絞り汁を入れる、と書いてあるけど、う~ん…。美肌は、手に入れたいが、試す気にならんぞぃ。ちなみに、そのままで食べましたが、充分美味しかったです。

 

 夜は、「ハウルの動く城」を見る。宮崎アニメって、年々歳々、理解するのが難しくなっている気がする。もしかして、私が、宮崎監督の感性についていけなくなってるだけじゃろか、ちと寂しいのぅ。私の場合、「ハウル」は、恋愛モノってのも苦手なジャンルな上、キムタクさんも声や倍賞さんの声も、あんまり好みじゃないっていうか、合ってない感じに思えてしまい、主役の俳優さん2人の顔がチラついちゃって、全然感情移入出来なかったんですよね。アニメの声って、声優さんの顔が思い出されない方が、映画に入って行き易くないですか?話題作りっていうのも大事なのかもしれないけど、無理に有名人をキャスティングしないで欲しいです。ハウルのキャラも、お婆さん状態のソフィーを母親にしたてたり、世話を焼かれて甘えたりする様子は、マザコン男を彷彿とさせて、好きになれなかったなぁ。

 

 「ゲド戦記」については、前々から読んでみたかったので、映画化をきっかけにトライしてみたんですが、私的には、イマイチで、3巻までで挫折中。原作の面白さで言えば、「指輪物語」>「ナルニア国物語」>「ゲド戦記」だった。映画については、宮崎監督は、今回の企画には大反対で、息子さんと大喧嘩になって、何ヶ月も口を利かなかったと聞いて、ちょっとホッとしましたが、親の七光りって基本的に好かないので、やっぱり、何の経験も無い人がいきなり監督かい!?って気はしちゃうなぁ。鈴木敏夫プロデューサーが広告塔になって宣伝していらっしゃるようだけど、宮崎監督の後継者を育てたかったのかしらね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

2006夏旅・大阪編

 海の日、ホテルのバイキングで朝食を済ませ、部屋で「純情きらり」を見てから、京都→大阪へ移動。

 

 Hotel_lobby 朝から降ったり止んだりのお天気。まずは、ホテルへ。京都のホテルが思いのほか安くあがったのと、翌日が平日なので、宿泊料金が安いということで、ユニバーサルシティでは、オフィシャルホテルのいい部屋に泊まりたいと旅行会社にリクエスト。昨年の7月にオープンしたばかりの新しい「ホテル ユニバーサル ポート」のデラックスルームチョイスしました。「アクア」「映画」がテーマというこのホテル、ロビーに水盤があったり、エレベーターホールにクラゲが泳いでいたりしていて、美しい。勿論、施設も新しくて綺麗。Elevator 1周年のイベントを色々やっているようだったんだけど、これも下調べが不足していて、よくわからないまま、荷物を預け、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」へ。We went to the Universal Studios Japan and were required to stand in line to get on popular rides.

 

 私は、大昔にロスの「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」に行ったことがあるので、ダンナの行きたいというアトラクションを回ることにして、最初に「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」へ。Snoopy2 これは、私も未体験のライドアトラクション。デイリー・ビューグル新聞社の内装は、時間が無かったのか、予算が無かったのか、かなり大雑把に造られていて、飾ってあるトロフィーやカメラの無着色なのがちょっと気になる。乗り物の方は、上下に揺れたり、ぐるっと反転したりで、ちょっと他には無い感覚。Dr.オクトパスら敵キャラが襲ってくる度に衝撃が来、ホブゴブリンの放つカボチャ爆弾が当たった場所から、本物の火が出て熱波が来るのには、驚かされた。世界No.1と評価されるのも、頷ける感じでした。ただ、私の場合、映像を3Dで見せてくれるゴーグルをかけ、スクープ号が大揺れに揺れている状態では、動体視力がついていけず、何が何だかわからないうちに終わってしまった印象。最後にもう1回乗りに行けばよかった、ちょっと後悔。

 

 次は、「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」。これも、未体験のライドアトラクションだ。ここの入り口付近のフードカートでだけ販売されている塩味のポップコーンを、セサミストリートスーベニアバケツにいれてもらって購入、キャラメルポップコーンをバケツに1杯食べる自信がない方は、ここで買いましょ。

 ジュラシック・パークを巡るボートに乗り込んだとたん、ザーザー振りになり、前もってスヌーピーの白いポンチョを着ていた私達は、まあ、セーフだったんだけど、雨カッパを着ていない人もいて、最初から皆ずぶ濡れ状態で出発。熱帯雨林のジャングルクルーズという設定そのもののシュチュエーション。最後の撮影された写真を見ると、クライマックスのウォータースライダーに気付かず乗ったダンナは、顔を伏せてしまっている。一方の私はと言えば、楽しくて、呵呵大笑してました。

 

 一休みして、「フィネガンズ バー&グリル」へ。ブルックリンのアイリッシュ・パブをイメージしたという内装は、セント・パトリックス・デイの飾り付けがされていて、「逃亡者」で、ハリソン・フォードがトミー・リー・ジョーンズの追跡を逃れるため、行進の中に紛れ込んでいたのを思い出す(違う映画会社だけど)。Finnegans_1 公式ハンディブックに掲載されていたオムライスセット1,950円が、美味しそうだったため注文。オムライスにサラダ、デザート、コーヒーはお代わり可で、いい感じ。バーカウンター以外は、全席禁煙なのも嬉しい。また、オフィシャルホテル宿泊者特典で、10%引きになり、お得だったのも良かったです。若いカップルが注文していた、オニオンブロッサム(玉葱のフライ)も美味しそうだったなぁ~。

 

 お腹が一杯になると、生き返った感じ。「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」は、ロスでも乗った。ロスでは、ビフもドクも勿論英語ですが、映画は3まで見たし、ライドアトラクションの筋自体単純なので、すごく楽しめた一方で、私達乗ったデロリアンの後部座席にいた外さんの家族連れに英語で散々文句を言われた思い出が。USJでは、他の全ての乗り物で最後列に座らされたんだけど、幸いこのライドだけは、前列に座ることが出来、楽しかったです。映画自体は随分前のものになってしまいますが、私的には、このアトラクションが1番オススメ。

 

 「バックドラフト」は、映画のメイキングを見た後、特殊効果によって火の海になる倉庫を体験するライブ・アトラクション。これもロスでも楽しめたんだったな、そう言えば。倉庫が火事で崩れていく様は、迫力が有り、小さい子供さんとかは、トラウマになっちゃうかも、と思ったら、やっぱり小学生以下は、駄目らしいです。

 

 「シュレック 4-D アドベンチャー」も、初めて見るアトラクション。劇場の中で映画「シュレック」の続きを見ている感じだけど、アクションにあわせて座席が動いたり、ドンキーにクシャミの飛沫(!)をかけられたり、シャボン玉が飛んだりと文句無く楽しいし、3-D映像を見るためのゴーグルをかけても、「スパイダーマン・ザ・ライド」の時のように、乗り物が動き過ぎて視点が合わないということも無いので良かった。そして、どのアトラクションにも言えることだけど、やっぱり、映画本編は、見ておいた方が楽しめると思います。

 

 「ターミネ-ター2:3D」は、映像とキャストによるライブの融合したショーの前に登場する、 サイバーダインシステムズ社のメディアコントロール主任ディレクターの綾小路麗華さんが、お笑いの青木さやかさん似の美人広報キャラで、ゲストにどこから来たかを尋ねるのですが、海外からわざわざ来られた方まで強気におちょくっていられたのが、かなり笑えました。"前座"なんて言ったら殺されそうな迫力で、良かったです。しかも、今見たら、ブログまであるし(笑)。このアトラクションも、ロスでも見たのですが、当時は、映画を未見だったのでよくわからなかった、USJのが確実に楽しめました。

 

 「ジョーズ」は、う~ん、ロスで見た時も思いましたが、先が読めちゃうので、どうだろう…。しかしながら、グッズは、他のアトラクションと比べ結構充実。USJの中でも、屈指のフォトスポット、逆さ釣りのジョーズも有り。この吊るされたジョーズ前などでは、スタッフに写真を取ってもらえ、気に入ったら購入出来るし、気に入らなかったら買わなくてもいい。勿論、手持ちのカメラでも撮影してもらえます。

 

 「E.T.アドベンチャー」は、パーク内で、最も凝った内装なのではないでしょうか。E.T.が隠れていた森も結構リアルに造られているし、乗り物は、自転車になっていて、E.T.と一緒に乗り込めます。ロスで乗った時は、アトラクションの最後、E.T.が呼びかけてくれるシーンで自分の名前がハッキリ聞き取れず、ずーっと悔やまれていたのですが、とうとうリベンジ!USJのE.T.は、日本語の発音で、貴方の名前をハッキリと呼んでくれますw。全てのゲストの名前の入力に時間がかかるため、必然的にアトラクションの中でも待ち時間が長くなってしまいますが、特に月を横切るシーンで、映画「E.T」の中に入り込んだような感覚が楽しめます。それと、ここの「E.T.フォト」では、ライトを当てて写真を撮ってくれるので、綺麗に写りますよw。

 

 あ~、結構乗りましたね(^^ゞ。

 

 Snoopy1 夜は、映画「アメリカン・グラフィティ」の「メルズ・ドライブイン」で、チーズバーガーとオニオンリングフライ・フライドポテト、ジュースのセットを食べてから、ショッピング。お土産には、スヌーピーを買おうと思って来たのに、気が付くと、ほとんどセサミ・ストリートのグッズを買ってました。ライセンスのスヌーピーに比べると、やっぱり、チャールズ・シュルツさんの描かれた本物のが可愛いし、よく考えたら、子供の頃、セサミが大好きで、テキストまで買って見てたんだった。

 

Elmo

 

 45万人の人手だったという祇園祭の宵山と比べると、祝日だったとは言え、雨のUSJは、かなり空いているように感じられたし、雨のおかげで涼しく、いつも服用しているコートリルを1錠多く飲んで臨んだのもあって、体調もまずまずで、エンジョイ出来ました。ただ、残念だったのは、悪天候のため、「ハッピー・ハーモニー・セレブレーション5周年スペシャル」も、「ピーターパンのネバーランド」も中止になっちゃたのは、残念だった。ラグーン(中央の池)で、「スペシャル・レイン・ショー」とかいうものをやるのとことだったんだけど、8時から3分間花火が上がったのみの小規模なものでした。「ランド・オブ・オズ」エリアも、記念写真を撮っただけだったな~。

 

 Twin_room_3 ホテルでは、1周年記念で、「お夜食バイキング」なるものをやっていて、覗きに行ったら、たこ焼きや唐揚げ、焼きそばなどの軽食が色々と用意されていて、なかなかでした。京都では、禁煙ルームを取れず、折角買った小型脱臭器「オー・フレッシュ」は、ダンナの反対で留守番してもらったため、備え付けの空気清浄機を一晩かけっぱなしにしたにも係わらず、煙草臭かったけど、大阪の方は、広くて綺麗で快適でした。バスルームもユニットじゃなく、トイレと別々だったし、テレビもアクオス。

 

 Okonomi_1 火曜日、朝食バイキングでは、明石焼きと、キッズだけに食わせとくのは惜しい、甘いけど激旨フルーツカレーを美味しくいただき、重たい荷物は、ホテルから送っちゃって、出発。「ユニバーサル・シティウォーク大阪」で、買い忘れたお土産を買ったり、「ハードロックカフェ」で、大阪限定のアロハナイトピンを買ったりしてから、大阪駅へ。お昼にハービスエント内の「千房」で、お好み焼きを食べ、ソニプラでシリコン製のマグカップ用カバーを購入。新大阪駅では、「551蓬莱」の肉まんと餃子を買い、スタバでお茶してから帰宅しました。ふぅ~、お疲れ様でした!

 

  ★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆

 

 2006年7月28日(金)追記:何と、サイバーダインシステムズ社の綾小路麗華さんから、記事に取り上げていただき、TBまで返していただきました(笑)。下記オススメサイトへのリンクから見に行けますので、是非ご覧になってみて下さいませ~。

 

 2006年8月9日(水)追記:何と何と、美人広報キャラ・綾小路麗華さんから、拙ブログ記事にコメントいただき、サイン色紙までプレゼントくださることに。おかげさまで、本当に思い出深い旅になりましたw。

 

<関連記事>

スペシャル・サンクス

麗華さん、またまたありがと~w。

麗華さん、ありがと~w。

 

*オススメサイトへのリンクです*

ホテル ユニバーサル ポート

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

 

麗華ブログ2006

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

カップフタ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月19日 (水)

2006夏旅・京都編

 日曜日、昼近くに京都入り。荷物を京都駅からホテルに送ってもらってから、イラストレーターの大高郁子さんが、度々行くとご自身の公式サイトの日記にお書きになり、イラストも描かれている「イノダコーヒ」の四条支店B2へ。私は、お昼は、サンドウィッチが定番なので、ビーフカツサンド、ダンナは、ご飯が食べたいと、ビフカツセットを注文。Inoda_coffee ダンナの頼んだ方は、あっさりとしたお味のソースがかかっているのに比べ、私の頼んだサンドは、ちょっと赤ワインが入っているような、濃厚なトマトケチャップ味で、私には両方とも、とても美味しく感じられましたが、ダンナ曰く、「俺もサンドにしときゃよかった、味のレベルが違う…」だそうで、何度も失敗した失敗したとブツブツいっておりました(笑)。名物のコーヒーについては、私は、砂糖入りが苦手なのと、暑かったので、アイスカフェオーレをガムシロップ抜きで注文、私好みの深入りで美味しい。ダンナは、セットのコーヒーに砂糖とミルクを入れて飲んでいて、1口もらうと、普通は、コーヒーって砂糖を入れると酸味が際立ってしまい、酸っぱくて飲めないのですが、全く酸味が感じられなくて、美味しく飲めました。

 

 そして、今回の旅行のメイン、国立近代美術館へ。藤田嗣治展、100点もの作品が集められたこの展覧会は、外せなかった。日曜だからか、会期も終わりに近いからか、すごい人手。やはり、「乳白色」と評される女性達の肌や、画面の中で彼らだけが今にも動き出しそうに活き活きと描かれた「猫」達に目が行くが、これだけの作品を見ると、一時は戦争画も書いていた作家の画風の変遷が手に取るようにわかるのも、興味深い。特に、晩年に書かれた宗教画には、自画像が描き込まれているんだけれど、藤田の場合には、その聖家族の中に混ざりたいというよりは、西洋の中に溶け込みたかったんじゃないかなと思わされる。また、ポスターにもなっていた「カフェにて」という絵に、2つのバージョンがあるとは知らなかったので、並べてある2枚を見比べるのも楽しかったです。旅先なのに、図録やクリアファイル、ハガキなどもしっかりと買う。あー、来て良かった~。

 

 その後、ダンナにお濃茶を体験させたくて、「一保堂茶舗」まで移動するも、何と、併設されている喫茶室「嘉木」が改装のため休業中。うなだれて歩き出したとたん、土砂降りの雨と激しい雷に見舞われ、30分立ち往生。自分も含め、雨宿りする人々を久しぶりに見ましたよ…。小止みになってから、「おたべ」のお店に行こうすると、移転したが閉店したかしたらしく、お店が無い!行きたいお店は、ネットや本でざっと調べておいたんだけど、Yahoo!の地図にはある場所に無いんだもんヽ(`Д´)/、結局お抹茶は、諦め、泣く泣く近くのコーヒー店で休憩。

 

 気を取り直して、近くの六角堂にお参りしてから、「永楽屋 細辻伊兵衛商店」へ。ほぼ手拭いオンリーのお店なのに、すごく込み合っている。うちの妹から、唐沢なをきさんの「犬ガンダム」を借りて読んで以来、犬張子が気になって仕方ないダンナ用に、ハンカチを2枚購入。

 

 山鉾・役行者山を見、今度は、祇園の「パゴン」で、私用に半袖カットソーを2枚購入。1枚は、菊、1枚は、牡丹の大きな柄が美しい。バーゲンでは、ダンナの旅行用を2枚買ったので、文句を言われずに済みましたw。最近、和テイストの服ばっかり買ってる感じだ。年のせいかなぁ?

 

 夜は、もとはお茶屋さんだったらしいお店「欧風懐石 うを多」で、1人9,072円のコース料理。鱧などが乗った冷たい前菜、エスカルゴの温かい前菜、バケット、コンソメのジュレとカボチャの冷たいポタージュスープ、イベリコ豚、鰻、牛フィレ肉のステーキ、お茶漬け、お茶、フルーツ・ヨーグルトアイス・チョコケーキ・ブルーベリーのタルトのデザート、コーヒーと盛り沢山。少しわかりにくい場所にあるからか、隠れ家的なお店で、ホテル出身でいらっしゃるというシェフのお料理も、私には口に合ったようでとても美味しかった、堪能しました。盛り付けも綺麗だったのに、お店の照明が暗く、携帯のカメラでは上手く写らず、残念。

 

Yasaka_2

 

 腹ごしらえも済み、いよいよ祇園祭、宵山見物。幸い雨も上がり、歩行者天国になった四条通では、舞楽が奉納されているみたい、しかしながら、人だかりでよく見えないので、まずは、八坂神社へ。狭い参道に屋台がひしめく中を抜けると、舞台上で石見神楽が演じられている。人ごみもお祭りも苦手な私だけれど、提燈に灯が入った様は、美しく、情緒を感じる。祇園囃子の音もいいですね、ショッピングモールやホテルでも聞こえてきて、街全体でお祭りを盛り上げている感じだ。子供の頃、「南極物語」で見て以来、祇園祭だけは、見てみたい気がしていたので、満足。Subways provided extra service for Gion festival, cars weren't allowed in front of Yahata Shrine, we marched along to festival music throughout the town.

 

 Yoiyama 再び四条通に戻ると、獅子舞をやっている。それを横目で見つつ、烏丸通まで移動。四条通に沿って、長刀鉾から見始め、各家に飾られた屏風などを拝見しながら、北へ。悪天候のためか、ビニールのシートがかけられた山鉾が多く、飾りが見えないものも多かったけど、八幡山では、ピンクの鳩の土鈴を5~6歳くらいの女の子から買い、舞妓さんも2人見かけ、得したような嬉しい感じ。橋弁慶山まで見たところで、ダンナが音を上げ、南に配置された山鉾は、見ぬまま、ホテルへ帰りました。1日目、終了!

 

  ★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆

 

 2008年2月16日(土)追記:今日、「出没!アド街ック天国」で、「イノダコーヒ」が大丸東京店8Fに入ったことを知りました。ビーフカツサンドは、作家の故池波正太郎さんもお好きだったということです。

 

<関連記事>

2007春旅・京都編

 

*オススメサイトへのリンクです*

大高郁子イラストレーションワークス

INODA COFFEE WEB SITE

一保堂茶舗

株式会社おたべ

永楽屋 細辻伊兵衛商店

京友禅アロハシャツ・カットソーのお店 Pagpng~パゴン~

欧風懐石 うを多

八坂神社

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

「犬ガンダム 地上編」唐沢なをき(著)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月18日 (火)

ただいま帰りました。

 日曜日から、祇園祭とユニバーサル・スタジオを見る小旅行へ。術後初、2年振りの旅、カメラを忘れて行って参りました~。_| ̄|○、;'.・。

 

 更に、3日間とも、雨時々曇、天気にも恵まれませんでしたが、体調は、おかげさまでまずまずで、本日、無事戻って来ることが出来ました。Rain drenched us for three days.

 

 とは言え、やはり、少々疲れたのと、3日分の出来事が書き切れていないので、詳細は、明日改めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

出発!

 ダンナが雨男なのか、私が雨女なのか、昨晩の雷雨には、ウンザリさせられましたが、今朝は、なんとか晴れています。今日から、2泊3日の小旅行です(*^_^*)。私の病気以来初の旅行に、ダンナがテンパって、私のしわくちゃな帽子にアイロンをかけろと言ってます。では、行ってまいりま~す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

稲妻

 愛車を12ヶ月点検に預けて、買い物へ。

 

 ダンナは、24区の半袖を2枚購入。洋服は、滅多に買わないダンナなのだけど、旅行に着ていくのだそうだ(笑)。妻のせいで、2年も旅行をオアズケ状態だったもんねぇ、浮き足立つ訳だよね。

 

 スタバで、ショッピングモールの抽選券をもらい、その抽選券を更に見知らぬ若い男性からもらい、抽選でコーヒーをもらい、買い物で団扇をもらい、カッティングボードをもらった1日。車のディーラーは、何もくれんかったなぁ。でもまぁ、ジュースは出たし旅行会社よりマシか。

 

 一昨日、私を間接的に落ち込ませたブログの主からメールがあり、何と、鬱状態なんだそうな。She has a touch of depression. 記事を読んだだけだと、毎日家事をきちんとこなして、同棲してる彼とも仲良くやってて、順風満々な感じだったのに、何で?と思ったけど、多分、彼女を鬱にさせた、その完璧主義的なところが、ブログ作りにも出ちゃってるんだな~。ネット社会の匿名性により非人間化してしまって、攻撃的になるのも問題だけど、ブログのためにそんなに頑張らなくても、書かなきゃいけないもんじゃなし、もっと気楽にやればいいのにね。

 

 あ~、雨が降ってきました、稲光が夜の空を紫に照らしてます。明日から2年ぶりの泊りがけの旅行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

捨てる神あれば拾う神あり

 快晴!二日連続の晴れに気を良くして、布団を干し、リネンやカバー類をガンガン洗う。

 

 昨日は、自ら進んで孤独をチョイスしてるのに、人心地がついてしまって、なんだかウダウダしてましたが、今日は、知人から留守電があり、こちらからかけなおして、10分くらいしゃべったら、スッキリしました(^^ゞ。

 

 こんな風に、何かタイミングのいい人っていますよねぇ。私は、自分が寂しかったり辛かったりした時にメールするしょーもないタイプ、今日電話をくれた人みたいに、弱ってる知り合いを嗅ぎ付けて、電話したりするような能力は、私には無いス。ホント感心、感謝です。この人は、昔の職場の知り合いで、うちの母親くらいの歳の人なんだけど、その職場を辞めてから、もうかれこれ4・5年経つのに未だに連絡をくれる。大抵は、飲み会のお誘いなんですが、その人は、私が病後、飲みにはまず付き合わないと知っていて、それでも、声はかけてくれるんですよ。そして彼女の2人の息子は、医者と弁護士。普通、無茶苦茶自慢の息子らだろうに、何と、知り合って1年くらい黙ってた。人格者だ。

 

 寂しん坊になってたからか、ランチのお誘いには、「行こうかな?」とお返事しちゃいました。涼しくなったらねと言いつつ、切る。 I'm not in touch with other people anymore for several days.

 

 昨日とは別人のように機嫌のいい私と入れ代わりに、帰りの電車が遅れていて不機嫌君なダンナ、帰ってきてからずっと怒りまくってます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

出た出た愚痴が~♪

 ココログの長い長いメンテナンスが終わりました。いかがお過ごしでしたでしょうか?

 

 私はと言いますと、知人の料理ブログを久しぶりに見に行ったところ、楽しく賑わっていて、一人で勝手に疎外感を感じちゃって、寂しくイジケておりました…。もともと、知人は、私の料理師匠で、男にも女にもモテるタイプ、比べるのも愚かなことなので、見ないようにしてたのに、mixiって、外部ブログの更新もお知らせしてくるんですね、料理師匠mixiに復帰!?と思って、つい見に行ってしまった…。I blundered into a trap. 人付き合いが苦手で、半引き籠り、ダンナが働いている昼間は、ほぼ毎日独りで誰とも連絡を取らず過ごしていますが、知人が他の人と仲良くしているのを知っても平気な程は、強くない、お馬鹿ないいぶうなのでした。「この感情って何、持て余す~」とかほざいてたら、ダンナが一言、「そりゃ、嫉妬だ」だと。そっか、嫉妬かぁ、そうですね、そうだわ(苦笑)。なぁんだ、太古からある感情なんじゃん。ぷぷっ。我ながら、ホント馬っ鹿だ~。しっかし、ダンナがいなかったらと思うと冷や汗、夫婦の片方が死ぬともう片方も死ぬ動物って、何かいたっけ?うちのリスは、そうだったなぁ、あっしも寂しい死にするかもだ。

 

 蒸し暑いし、折角掃除したエアコンが、ここしばらくのおかしな天気で何だかカビっぽくなっちゃうし、mixiのトラップにハマって落ち込まされるし、何か、日常って、色んな落とし穴があるのぅ。ジダンは、引退試合に頭突きすることになっちゃって、折角のMVPも剥奪されそうだし。あぁ。

 

 でも、今日は、いいお天気だったから、洗濯物がすぐに乾いて気持ち良かったのも確か。今は、風呂も出て、気分は上々!来週には旅行だにゃん!!

 

  ★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆

 

 2006年7月14日(金)追記:眞鍋かをりさんのブログにムッチャ可愛ええ子猫の手乗り写真。必見です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

メンテナンスのお知らせ

 拙ブログをブックマークして、定期的にチェックして下さっている、極々少数で奇特な皆様、ありがとうございますm(_ _)m。いつも、お世話になっております。

 

 さて本日、7月11日(火)の14:00から、7月13日(木)14:00までの約48時間、ココログがメンテのため、拙ブログでも、記事の更新が出来ない他、TB&コメントの受付も出来なくなりますので、よろしくお願い致しします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

ファイナル!

 4年に1度のお祭りが終わりました。激的な結末。ドイツの次に、フランスとイギリスを応援してたので、大ショック。相手に暴言を吐いて挑発し、ファールを誘う心理戦は、どうもね…。それにしても、あの頭突きは、ホントに衝撃的でした。最初見た時は、呆気にとられ、その後、何だか笑えてきて、出勤前のダンナと2人、「最終奥義ジダン・ヘーッド!!」とか言いつつ、遊んでたんですが、段々時間が経つとともに、どんどん哀しくなってきちゃいました。伊のマテラッツィが何を言ったのかわかりませんが、現役最後の大舞台を後数分を残すところで一発退場させられたジダンの気持ちを思うと、胸が塞がれます。しかし、仏・アンリも言ってましたが、私らファンがジダンに言うべき言葉は、「ありがとう」しかないです。

 

 MVPについても、退場した選手が?と思われる方もいらっしゃるでしょうが、レッドカードをくらった以上に、ジダンは、重い罰を受けたと思うので、MVPくらいあげたって~。でもさ、最近のW杯におけるMVPって、何か、残念賞的ですよね。前回も2位のドイツのカーンだったし。

 

 ドイツの3位は、やはり残念至極ですが、「ベスト・ヤングプレーヤー」賞にポドルスキ、「ゴールデンシュー」賞にクローゼが輝いたのは、嬉しかった。クリンスマン監督には、個人的には、カーンを控えにした恨みがあったけど、チームを若返らせた上、3位に導いた手腕は、認めざるを得ないです。かなり気が早いですが、4年後には、ドイツを優勝させてくれるかもしれないと、期待しちゃいます。I got passionate about the World Cup soccer game.

 

 さて、今日は、久々に皮膚科へ。なるべく痕が残らないようにとのことで、3種類目の薬が処方される。今日は、感じのいい方の看護婦さんだったため、しばらく来なかったのは、体調不良だったんだよ~と言い訳したり、談笑する。火傷から1ヶ月以上経ち、自主的に1週間に1回の通院にしちゃった訳だけど、先生もそれでいいよと言ってくれて、小市民なワタクシ、ほっとして帰宅。

 

 Peanuts 帰りがけ、コンビニで「暴君ハバネロ」の新製品、「暴君ハバネロ&ピーナッツ隊」をGet!って言うか、以前から駅のキオスクで売られてたカップ型のが、入れ物が変わっただけのような感じか。しかし、辛いねハバネロ!「暴君ハバネロ~メキシコ荒野篇~」が、ちょっとソフトなお味だったので、今回のコレは、すっごく辛く感じました。ピーナッツがもうちょっと入っててもいいような気もしますが、旨い、でも、苦手な人や子供さんには、かなり危険なお菓子かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 9日 (日)

最後のゴール、有終の美

 やっと、カーンの勇姿が見られましたぁ~(感涙)。何と、レーマンがクリンスマン監督に、カーンを出してあげてと言ってくれたらしいのよ!サンキュー、レーマン、アンタいい奴だよ(T_T)/~~~。そのカーン、1点取られたのは、惜しかったですけれど、今大会初登場で、裏をかかれたボールにまで反応するプレー振りは、本っ当~に素晴らしかった。今回、カーンは、自主的に引退を決めたと言うよりは、代表を降りざるを得ないところに追い込まれた格好になってしまったという印象が強く、とても残念。インタビューに答えて、代表最後の試合で日本人の主審とプレーしたのは、因縁を感じるというようなコメントをしていて、ちょっと嬉しかったですけど、今、これを書いてても、悔しくて、涙が出ます。12年間ありがとう、カーン!!

 

 主審の上川さん達も、メダルをもらってたみたいでしたね、帰国後、色々なお話が聞けるでしょう、楽しみです。

 

 それにしても、ドイツ、3点ともシュバインシュタイガーだよ、しかも、そのうち2点は、目の覚めるようなミドルシュート!いやぁ、強烈ぅ、スカッとしましたね~。また、私は、バラック派ですが、クローゼには、是非とも得点王をあげたいんです、この試合では得点できませんでしたが、どうでしょうか?まあ、仏のアンリも好きなんだけどサ。

 

 ところで、昨日、 3位決定戦のキック・オフを待つ間、「地球ドラマチック」の『ユアン・マクレガーのジャングル・サバイバル』の再放送を見ました。流石のハリウッドスターも、ジャングルでは、1人の働き手として扱われ、びしょ濡れになってカヌーを漕ぎ、重い荷物を背負ってぬかるんだ坂道を歩いている姿が、なんとも微笑ましかったです(*^_^*)。「スター・ウォーズ」では、気付かなかったんですが、この人、結構チャーミングな人だったんですねぇ。

 

 午後からは、ビデオ鑑賞。実家から持って来た「X-MEN」を見てから、「怪~ayakashi~ 化猫」を見る。Ayakashi 今年の1月にTVで見て、伊藤若冲の屏風絵を思わせるその映像表現に衝撃を受けて、速攻DVDを予約、ホントは、一昨日届いていたんだけど、ダンナが「怖いから昼間じゃないと見ない」とグズッて、やっと今日見ることが出来た。私は、猫が痛い目に遭うのは、たとえそれが作り話でも嫌なタチなので、話の内容的には、猫が化けて出なければならないようなえげつない事件が起こる訳で、目を背けたくなるような感じなのですが、それでもこの作品は、買っとかにゃあかんぜよと思ったんですわ。アクが強い作品なので、好みが分かれるところだとは思いますが、いいぶう的には、むっちゃオススメだす。

 

 その後、旅行会社にチケットの受け取り&支払いに出かける。ダンナの職場の福利厚生で、割引を受けることが出来たのは良かったのだけど、現金で払うように言われ、驚く。2人分ですからね、「急に言われても、そんなの持ってないよ!」と抗議すると、ダンナが立て替えてくれました。旅行会社もさぁ、デビットカードで支払えとか抜かしちゃってたけど、私は、カードで払って、ポイントを貯めたいの!大体、お茶ぐらい出せばいいと思いません?結構、しゃべるし、のど乾くっつーの。

 

 帰りに、マン喫に立ち寄る。実家の方のお店には入荷してなくて、読めてなかった「ベルセルク」30巻と、「鋼の錬金術師」13巻。「NANA」7・8巻も。字が多かったり、厚かったりすると、1冊読むのに20分くらいかかるなぁ。

 

 さあさあ、とうとう決勝ですぜ、2006FIFAワールドカップ。France and Italy are about to battle in the World Cup finals. サッカーの神よ、ジダンに降臨して下せぇまし~。

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

「怪~ayakashi~ 化猫」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 8日 (土)

大好き消臭グッズ

 今度の旅行で、2泊とも禁煙ルームを押さえられなかったので、以前から欲しかった小型脱臭器、「オー・フレッシュ」を購入。Ohfresh マンションの高層階に住んでいるので、今の季節は、窓を全開にしてるんだけど、台所の換気が悪く、お隣が魚を焼くと、その臭いが漂って来て、閉口していた。この「オー・フレッシュ」は、即効性は、無いらしいけど、籠った臭いとかには、効きそう。届いてみると、オモチャみたいな、ちゃっちぃ外見にビビッた。カチッカチッという稼動音が結構気になるので、耳元には置けない感じ。ただ、使い始めて3日経って、何となく、部屋の臭いのレベルが下がった気がする。とにかく、五月蝿いのと臭いのが大嫌いなので、気のせいでも、大いに結構w。ホテルの備品と間違われないように、しっかり名前を書いて(苦笑)、持参するべし!

 

 さあ~、W杯、いよいよ3位決定戦ですぜ。バラックが欠場するのは、哀しいですが、やっとこさカーン登場!!待ってたよ~、頑張っちくれぃ。ポルトガルという国に対して、特に悪い感情は、持っていないんだけど、イングランドとの試合で、闘牛と練習してるっていう例のイケメンFW・C.ロナウドが、ルーニーの一発退場が決まった直後にベンチにウインクしたという映像を見て以来、ちょっといい気持ちがしてないんですよね。そりゃ、そういう駆け引きも含めて、サッカーさと言っちゃえばそれまでで、まんまと挑発に引っかかったルーニーも子供なんだと思うけど。とにかく、ドイツだ!ドイツ、勝ってくれ~。I want Germany to win the third-place of the World Cup.

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

オゾン脱臭器オーフレッシュ 【税込、送料込+代引無料】 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

ヒサビサのピザ

 早朝の準決勝の2試合を2日連続で見て、燃え尽き、昨日は寝込んでおりました…。ドイツは、返す返す残念でしたが、フランスは、ジダンがやってくれました、やっほいヽ(´▽`)/。3位決定戦の主審は、日本人の審判の方に決まったようで、これも楽しみ。

 

 Pizzala_3 ダンナの許可を得て、夜は、3度目のピザーラ。We are in the mood for pizza tonight. どう考えても、今回の体調不良は、W杯の見過ぎによるものなので、すごく叱られるかと思われましたが、ダンナ、うちの実家の親からもらったビールを開けちゃったりなんかして、結構ご機嫌、ふぅ~、良かった良かった。

 

 そして、結局今日も、体調不良を引きずっておりました。雨の七夕。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

この感情には、名前が無い

 終わりました、ドイツ、負けました…_| ̄|○。延長戦の最後の最後の2分あまりの間に、イタリアに2点入れられ…。絶対PKだと思ったのに、うぅっ。母国開催のW杯に出られなかったカーンの気持ちを考えると、さらに辛いです。せめて、3位決定戦に出してやってくれ。ミサイル発射問題のせいで、全然取り上げられていないのも、複雑。それにしても、昨日は、平和と思っていたら、今日は、一転、恐ろしい幕開け。

 

 今日は、朝からすっかり燃え尽きて、すぐに記事を書くことも出来ず、皮膚科もサボって、ふて寝の1日也。I stayed in bed sulking.

 

 明日は、フランスv.s.ポルトガル戦、ジダン頼んだ、後は、貴方だけが頼りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

平和な日本の今日の話題

 流石にスゴイですね、朝起きたら、新聞の一面も、テレビのトップニュースも、ヒデ・ヒデ・ヒデ。中田選手は、日本サッカー界の顔だったということですね。

 

 久々に青空が見えて、ドンドン洗濯。洗濯物を干す、そのほんのちょっとの間に日に焼けてしまい、顔がヒリヒリするので、今日は、帽子を被って働く。小学生の頃は、夏休みの登校日になると、担任の先生に、「裏も表もワカラン」と言われる程、日焼けしちゃってたワタクシ、とっても焼け易いんです。日焼け止め塗ってても、汗で流れちゃうのか、さらに日傘もさしてるんですけど、ここんところの皮膚科通いで、顔が痛い…。My skin burn in spite of sunscreen.

 

 そう言えば、旅行用に帽子を買おうかしらん。旅行って、準備は、ちょっと面倒だけど、行きたいお店を探したり、必要な物を買い揃えたりするのが楽しい。ホテルの部屋が禁煙ルームでないみたいなので、携帯できる消臭グッズを買ってしまった(^^ゞ。

  

 京都には、知り合いが住んでいるのだけれど、別に案内してくれる訳でもなさそうなので、現在下調べ中。ユニバーサル・スタジオについては、私は、遥か遠い昔に、ハリウッドで行ったので、ダンナにお任せ。とは言え、可愛いグッズがあったら買い込みたいw。

 

 さて、W杯、明日の早朝は、いよいよドイツv.s.イタリアです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

私の旅と、ヒデの旅

 「作家の猫」なる本を購入。

 

 大の猫好き、本好きないいぶうですが、実は、猫本・猫マンガって、あんまり好きくないんですよね。特に、自分の飼い猫をテーマにした文章や絵って、プロでも、客観的に描くのは、難しいものらしくて、読んでて、話し手だけが面白がってる笑い話みたいな、空虚さを覚えちゃう。はっきり言って、猫本は、面白くない本が多い訳です。劇団「大人計画」の松尾スズキさんのエッセイが大好きなので、松尾さんの猫本「ニャ夢ウェイ」には、大いに期待したのですが、残念ながらやっぱり面白く感じなかったです…。

 

 それに比べて、写真は、事実だけを切り取るから、安心して見られます。私が買う猫関係の本のほとんどは、写真を気に入って買ったというパターン。

 

 今回の「作家の猫」は、ネットで通販したため、中身は全くわからない状態だったのですが、楽天の期間限定ポイントを消費したかったのと、表紙の猫の写真に見覚えがあったので注文したところ、この表紙の猫、中島らもさんの「とらちゃん的日常」に出てくる「とらちゃん」でした。とらちゃん、久しぶり!大きくなったねぇ。

 

 中身は、写真とエッセイ、芸術家とその猫を紹介したもので、第3者がその関係について言及していて客観的ですし、1本1本のエッセイが短く、読み易いです。画家については、絵も掲載されていて、これもなかなかいいです。

 

 ただ、全員日本の芸術家で揃えればいいものを、何故か、コレットとヘミングウェイが紛れ込んでいて、特に、ヘミングウェイは、ホントに猫好きだったんか!?と思わせるような、えげつないエピソードが紹介されていて、完全に余分。

 

 逆に、オススメは、大佛次郎さんが1列に並んで食事をする7匹(!)の猫を見ながら微笑む写真。こっちまで一緒に顔がほころびます。

 

 

 さて、今日は、病院に行くついでに、旅行会社へ。脳下垂体腫瘍の手術後、泊まりの旅行は控えていたのだけど、病気発覚丸2年記念日(?)に、2泊3日の国内小旅行をすることにしたんです(^^ゞ。 I'm going on a three-days and two-nights trip.

 

 私の目的は、上記「作家の猫」にも登場する、藤田嗣治の展覧会。国立近代美術館で見る予定だったのが、のびのびになっていたもの。ダンナは、前々からユニバーサル・スタジオに行きたがっていたので、コレをダシにしてまんまと誘い出すことに成功w。母が京都大好き人間なので、子供の頃から京都には無数に行っているけれど、最近では3・4年振りくらいかも。四葉タクシー、乗ってみたいけど、どうだろ?

 

 

 夜は、「ド短期ツメコミ教育 豪腕!コーチング!!」を見る。真野和男さんとくわばたりえさんのチームにリベンジを果たして欲しかったけれど、結果は、稲本響さん&大林素子さんペアに3:0で負けてしまった。大林さんのピアノは、全然上手くなかった、あれは、稲本さんの編曲と、パフォーマンスの指導が良かっただけと思うなー。

 

 これで、2回ピアノ対決を見たけど、真野さんが教えると楽譜に忠実でたどたどしい感じ、それだと、審査員の先生に訴えることが出来る音楽を奏でられないみたいだ。環境の面でも、真野さん側は、高島屋のピアノ売り場などが練習場で、大変なハンデがあるし。私は、判官贔屓な方なので、真野先生にまた頑張って欲しいです。

 

 番組の途中で、速報が入り、中田英寿選手が引退とのニュース。ブラジル戦の後、燃え尽きて立ち上がれないようだった、スタンドのファンに手を合わせて感謝する仕草をしたりしていた、ヒデの姿が目に浮かぶ。私は、自分に厳しい、美学を持ったスポーツ選手が好きなので、ヒデの引退は、とても残念だけど、どんなフィールドでも活躍出来る人と思うので、これからが楽しみとも言えます。企業家になられたりしそうですね。

 

 

 あー、ココログ、相変わらず調子悪いです、その上、7月11日~13日は、メンテだって、マッタク。

 

<関連記事>

ピアノマン

晴耕雨読

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

ニャ夢ウェイ

作家の猫

とらちゃん的日常

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 2日 (日)

半夏雨

 おはようごさいます。昨晩は、ダンナと2人、イングランドに声援を送っていたいいぶうですが、PKでポルトガルに負けちゃいました(T_T)。イングランドとフランスは、新婚旅行先に選んだ国なので、応援してたんです。ポルトガルの、いちいちオーバーにすっ転ぶあの感じ、オランダも決勝トーナメント1回戦で、イラついてたみたいだったけど、私も好かんなぁ。フランスv.s.ブラジル戦は、眠くて寝てしまったのですが、フランスがブラジルに勝ってくれるとは思ってなかったです。決勝戦は、是非是非、ドイツ対フランスで!

 

 Fig_cake ダンナと2人、と書きましたが、久々に長引いた喧嘩、昨日、うちの実家の両親が、ダンナの実家にお中元を届けに来たついでに寄ってくれて、夜は、4人で寿司を食べに行ったため、必然的に仲直りです(笑)。手土産に持って来てくれたケーキは、私の好きなケーキ屋さんのもので、これも嬉しかった。無花果は、白ワインで煮たコンポートが好きなんだけど、ケーキだと味がぼやっとして、イマイチ、でも、季節物ということで、楽しめました。

 

 すっかり機嫌を良くしたワタクシ、ダンナにTVを譲って、ダンナ、久しぶりにプレステに勤しんでおります。私の「ドラクエVIII」の方は、キラーパンサー(豹とライオンのあいの子みたいなモンスター)に乗れるようになって、風を切って世界中を飛び回るのが楽しく、走りまくっていたんですが、エンディングに向けて、私の嫌いなパターンの様相を呈して来たので、早くもやる気を無くしつつあります。ゲームとか、ファンタジー世界でよくある、勇者とお姫様が結婚して終わるパターンって、大嫌いなんですよね、そうじゃないといいんだけど。主人公は、男の子でもまぁ許せる、しかし、主人公に成り切ってる私は、それでも女なので、お姫様に言い寄られても、気持ち悪いだけなんだよ。ゲームや物語の作者の人も、も少し女性ユーザーの存在を意識してくれよと思う。

 

 ちなみに、私が好きな終わり方は、集まったメンバーが、目的を果たし、それぞれの場所に帰ったり、新たに旅立ったりするパターン。これが、自然だと思うので。結婚が最終目的ってさぁ、そりゃないでしょうよと思う訳です。

 

 雨が降ってきました、久しぶりに強い雨、雷まで鳴ってます。7月2日、半夏生に降る雨は、強くなると言いますが、まさにまさに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

4強進出!!

 やってくれました、レーマン!延長の末、PK戦を制して、ドイツ準決勝進出です!!

 

 PKの前に、カーンがレーマンを激励したシーンは、カーンファンとしては、哀しかったですが…。いくら、不倫の罰(?)とは言え、1回くらい使ってやってくれよ、クリンスマン監督よ~。決勝トーナメント1回戦の相手だったスウェーデンのGKなんて、試合後、カーンとユニフォームを交換してくれちゃって、泣かせる。

 

 それにしても、正直、アルゼンチンに勝てると思ってなかったのに、よくぞ止めてくれた、レーマンよ。PK後、アルゼンチンと小競り合いになったりした場面は、ちょっと残念でしたが、大事にならなくて、一安心。あ~、手に汗握ったよ。寝ます、オヤスミナサイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »