« 2006夏旅・京都編 | トップページ | 今日から平常運転です。 »

2006年7月20日 (木)

2006夏旅・大阪編

 海の日、ホテルのバイキングで朝食を済ませ、部屋で「純情きらり」を見てから、京都→大阪へ移動。

 

 Hotel_lobby 朝から降ったり止んだりのお天気。まずは、ホテルへ。京都のホテルが思いのほか安くあがったのと、翌日が平日なので、宿泊料金が安いということで、ユニバーサルシティでは、オフィシャルホテルのいい部屋に泊まりたいと旅行会社にリクエスト。昨年の7月にオープンしたばかりの新しい「ホテル ユニバーサル ポート」のデラックスルームチョイスしました。「アクア」「映画」がテーマというこのホテル、ロビーに水盤があったり、エレベーターホールにクラゲが泳いでいたりしていて、美しい。勿論、施設も新しくて綺麗。Elevator 1周年のイベントを色々やっているようだったんだけど、これも下調べが不足していて、よくわからないまま、荷物を預け、「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」へ。We went to the Universal Studios Japan and were required to stand in line to get on popular rides.

 

 私は、大昔にロスの「ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド」に行ったことがあるので、ダンナの行きたいというアトラクションを回ることにして、最初に「アメージング・アドベンチャー・オブ・スパイダーマン・ザ・ライド」へ。Snoopy2 これは、私も未体験のライドアトラクション。デイリー・ビューグル新聞社の内装は、時間が無かったのか、予算が無かったのか、かなり大雑把に造られていて、飾ってあるトロフィーやカメラの無着色なのがちょっと気になる。乗り物の方は、上下に揺れたり、ぐるっと反転したりで、ちょっと他には無い感覚。Dr.オクトパスら敵キャラが襲ってくる度に衝撃が来、ホブゴブリンの放つカボチャ爆弾が当たった場所から、本物の火が出て熱波が来るのには、驚かされた。世界No.1と評価されるのも、頷ける感じでした。ただ、私の場合、映像を3Dで見せてくれるゴーグルをかけ、スクープ号が大揺れに揺れている状態では、動体視力がついていけず、何が何だかわからないうちに終わってしまった印象。最後にもう1回乗りに行けばよかった、ちょっと後悔。

 

 次は、「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」。これも、未体験のライドアトラクションだ。ここの入り口付近のフードカートでだけ販売されている塩味のポップコーンを、セサミストリートスーベニアバケツにいれてもらって購入、キャラメルポップコーンをバケツに1杯食べる自信がない方は、ここで買いましょ。

 ジュラシック・パークを巡るボートに乗り込んだとたん、ザーザー振りになり、前もってスヌーピーの白いポンチョを着ていた私達は、まあ、セーフだったんだけど、雨カッパを着ていない人もいて、最初から皆ずぶ濡れ状態で出発。熱帯雨林のジャングルクルーズという設定そのもののシュチュエーション。最後の撮影された写真を見ると、クライマックスのウォータースライダーに気付かず乗ったダンナは、顔を伏せてしまっている。一方の私はと言えば、楽しくて、呵呵大笑してました。

 

 一休みして、「フィネガンズ バー&グリル」へ。ブルックリンのアイリッシュ・パブをイメージしたという内装は、セント・パトリックス・デイの飾り付けがされていて、「逃亡者」で、ハリソン・フォードがトミー・リー・ジョーンズの追跡を逃れるため、行進の中に紛れ込んでいたのを思い出す(違う映画会社だけど)。Finnegans_1 公式ハンディブックに掲載されていたオムライスセット1,950円が、美味しそうだったため注文。オムライスにサラダ、デザート、コーヒーはお代わり可で、いい感じ。バーカウンター以外は、全席禁煙なのも嬉しい。また、オフィシャルホテル宿泊者特典で、10%引きになり、お得だったのも良かったです。若いカップルが注文していた、オニオンブロッサム(玉葱のフライ)も美味しそうだったなぁ~。

 

 お腹が一杯になると、生き返った感じ。「バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライド」は、ロスでも乗った。ロスでは、ビフもドクも勿論英語ですが、映画は3まで見たし、ライドアトラクションの筋自体単純なので、すごく楽しめた一方で、私達乗ったデロリアンの後部座席にいた外さんの家族連れに英語で散々文句を言われた思い出が。USJでは、他の全ての乗り物で最後列に座らされたんだけど、幸いこのライドだけは、前列に座ることが出来、楽しかったです。映画自体は随分前のものになってしまいますが、私的には、このアトラクションが1番オススメ。

 

 「バックドラフト」は、映画のメイキングを見た後、特殊効果によって火の海になる倉庫を体験するライブ・アトラクション。これもロスでも楽しめたんだったな、そう言えば。倉庫が火事で崩れていく様は、迫力が有り、小さい子供さんとかは、トラウマになっちゃうかも、と思ったら、やっぱり小学生以下は、駄目らしいです。

 

 「シュレック 4-D アドベンチャー」も、初めて見るアトラクション。劇場の中で映画「シュレック」の続きを見ている感じだけど、アクションにあわせて座席が動いたり、ドンキーにクシャミの飛沫(!)をかけられたり、シャボン玉が飛んだりと文句無く楽しいし、3-D映像を見るためのゴーグルをかけても、「スパイダーマン・ザ・ライド」の時のように、乗り物が動き過ぎて視点が合わないということも無いので良かった。そして、どのアトラクションにも言えることだけど、やっぱり、映画本編は、見ておいた方が楽しめると思います。

 

 「ターミネ-ター2:3D」は、映像とキャストによるライブの融合したショーの前に登場する、 サイバーダインシステムズ社のメディアコントロール主任ディレクターの綾小路麗華さんが、お笑いの青木さやかさん似の美人広報キャラで、ゲストにどこから来たかを尋ねるのですが、海外からわざわざ来られた方まで強気におちょくっていられたのが、かなり笑えました。"前座"なんて言ったら殺されそうな迫力で、良かったです。しかも、今見たら、ブログまであるし(笑)。このアトラクションも、ロスでも見たのですが、当時は、映画を未見だったのでよくわからなかった、USJのが確実に楽しめました。

 

 「ジョーズ」は、う~ん、ロスで見た時も思いましたが、先が読めちゃうので、どうだろう…。しかしながら、グッズは、他のアトラクションと比べ結構充実。USJの中でも、屈指のフォトスポット、逆さ釣りのジョーズも有り。この吊るされたジョーズ前などでは、スタッフに写真を取ってもらえ、気に入ったら購入出来るし、気に入らなかったら買わなくてもいい。勿論、手持ちのカメラでも撮影してもらえます。

 

 「E.T.アドベンチャー」は、パーク内で、最も凝った内装なのではないでしょうか。E.T.が隠れていた森も結構リアルに造られているし、乗り物は、自転車になっていて、E.T.と一緒に乗り込めます。ロスで乗った時は、アトラクションの最後、E.T.が呼びかけてくれるシーンで自分の名前がハッキリ聞き取れず、ずーっと悔やまれていたのですが、とうとうリベンジ!USJのE.T.は、日本語の発音で、貴方の名前をハッキリと呼んでくれますw。全てのゲストの名前の入力に時間がかかるため、必然的にアトラクションの中でも待ち時間が長くなってしまいますが、特に月を横切るシーンで、映画「E.T」の中に入り込んだような感覚が楽しめます。それと、ここの「E.T.フォト」では、ライトを当てて写真を撮ってくれるので、綺麗に写りますよw。

 

 あ~、結構乗りましたね(^^ゞ。

 

 Snoopy1 夜は、映画「アメリカン・グラフィティ」の「メルズ・ドライブイン」で、チーズバーガーとオニオンリングフライ・フライドポテト、ジュースのセットを食べてから、ショッピング。お土産には、スヌーピーを買おうと思って来たのに、気が付くと、ほとんどセサミ・ストリートのグッズを買ってました。ライセンスのスヌーピーに比べると、やっぱり、チャールズ・シュルツさんの描かれた本物のが可愛いし、よく考えたら、子供の頃、セサミが大好きで、テキストまで買って見てたんだった。

 

Elmo

 

 45万人の人手だったという祇園祭の宵山と比べると、祝日だったとは言え、雨のUSJは、かなり空いているように感じられたし、雨のおかげで涼しく、いつも服用しているコートリルを1錠多く飲んで臨んだのもあって、体調もまずまずで、エンジョイ出来ました。ただ、残念だったのは、悪天候のため、「ハッピー・ハーモニー・セレブレーション5周年スペシャル」も、「ピーターパンのネバーランド」も中止になっちゃたのは、残念だった。ラグーン(中央の池)で、「スペシャル・レイン・ショー」とかいうものをやるのとことだったんだけど、8時から3分間花火が上がったのみの小規模なものでした。「ランド・オブ・オズ」エリアも、記念写真を撮っただけだったな~。

 

 Twin_room_3 ホテルでは、1周年記念で、「お夜食バイキング」なるものをやっていて、覗きに行ったら、たこ焼きや唐揚げ、焼きそばなどの軽食が色々と用意されていて、なかなかでした。京都では、禁煙ルームを取れず、折角買った小型脱臭器「オー・フレッシュ」は、ダンナの反対で留守番してもらったため、備え付けの空気清浄機を一晩かけっぱなしにしたにも係わらず、煙草臭かったけど、大阪の方は、広くて綺麗で快適でした。バスルームもユニットじゃなく、トイレと別々だったし、テレビもアクオス。

 

 Okonomi_1 火曜日、朝食バイキングでは、明石焼きと、キッズだけに食わせとくのは惜しい、甘いけど激旨フルーツカレーを美味しくいただき、重たい荷物は、ホテルから送っちゃって、出発。「ユニバーサル・シティウォーク大阪」で、買い忘れたお土産を買ったり、「ハードロックカフェ」で、大阪限定のアロハナイトピンを買ったりしてから、大阪駅へ。お昼にハービスエント内の「千房」で、お好み焼きを食べ、ソニプラでシリコン製のマグカップ用カバーを購入。新大阪駅では、「551蓬莱」の肉まんと餃子を買い、スタバでお茶してから帰宅しました。ふぅ~、お疲れ様でした!

 

  ★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆。・.★・.゜☆.・。★.゜・☆

 

 2006年7月28日(金)追記:何と、サイバーダインシステムズ社の綾小路麗華さんから、記事に取り上げていただき、TBまで返していただきました(笑)。下記オススメサイトへのリンクから見に行けますので、是非ご覧になってみて下さいませ~。

 

 2006年8月9日(水)追記:何と何と、美人広報キャラ・綾小路麗華さんから、拙ブログ記事にコメントいただき、サイン色紙までプレゼントくださることに。おかげさまで、本当に思い出深い旅になりましたw。

 

<関連記事>

スペシャル・サンクス

麗華さん、またまたありがと~w。

麗華さん、ありがと~w。

 

*オススメサイトへのリンクです*

ホテル ユニバーサル ポート

 

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM

 

麗華ブログ2006

 

↓お取り寄せサイトへのリンクです。↓

カップフタ

|

« 2006夏旅・京都編 | トップページ | 今日から平常運転です。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

お取り寄せ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/11033668

この記事へのトラックバック一覧です: 2006夏旅・大阪編 :

» おいしいカレーの作り方を完全公開。その秘訣とは!? [おいしいカレーの作り方、インド人チャチャが完全大公開]
おいしいカレーの作り方を、ご紹介。さまざまな、おいしいカレー作り方の秘訣とは、ずばり・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年7月21日 (金) 10時27分

» いよいよですわよ~!! [麗華ブログ2006]
皆様こんにちは。 私、サイバーダインシステムズ社の 綾小路麗華です。 きみまろと親戚ではない綾小路麗華でございます。 ともちん! [続きを読む]

受信: 2006年7月28日 (金) 14時40分

« 2006夏旅・京都編 | トップページ | 今日から平常運転です。 »