« 暑ぅござんす~♪ | トップページ | 麗華さん、ありがと~w。 »

2006年7月27日 (木)

浄化

 「癒し」って言葉は、天邪鬼ないいぶう的視点からすると、何となく胡散臭い気がして、普段から極力使わないようにしているんですが、昨晩久しぶりに夜更かしして、NHKの「探検ロマン世界遺産」の絶景ベスト30を見たら、ちょっと使いたくなりました、「癒された~」。世界遺産の中だと、建物を見たい方なので、モン・サン・ミシェルやタージ・マハルなど、ちょっとミーハーかなという感じな「文化遺産」を見てみたい気がしていたけれど、30箇所の絶景をダーッと見せられたら、九寨溝や黄龍などの中国の「自然遺産」に心を動かされました。山中の青い湖ってのが、ツボなのかも。

 

 普段、自分を「癒す」方法としては、アリストテレスが説いたとかいう、"カタルシス"、文学作品なんかを読んで泣くことが、手っ取り早くていい。私は、泣き上戸なので、泣くための"泣き本"は、沢山あるのですが、特に哀しい話でもないのに、読み返す度に目からツーッと涙が出てくるマンガ、それは、鳥山明先生の短編の数々。「アラレちゃん」は、全巻持ってるんですが、「ドラゴンボール」は、16巻くらいまで買って挫折、先日マン喫で読んだという長編が苦手なファンとしては、鳥さが自分のペースで描いたと仰る短編にこそ良さがある!と思うのであります(`´)ゞ。今朝も、また泣かされちゃったし…。I cry when I read that stories. 1番好きなのは、前にも書いたけど、「サンドランド」。

 

 「癒し」と言えば、ゲームも好きでよくやるけれど、最近中古で買った「ドラクエVIII」は、エンディング目前で無期限休止中。私の場合、大体この、ラスボス1歩手前でやる気を失くすか、最後までやって何度も繰り返しやり込むかどちらかのパターンになる。「オウガバトル64」は、後者のいい例で、「ドラクエVIII」を放り出してからやり始め、今日、何度目かのエンドロールを見ました。続編嫌いで、「ワイルドアームズ」とか、「ヴァンダルハーツ」に続編が出た時は、哀しかったけど、「オウガバトル64」については、私としては、買って正解だったな。

 

 今日もまた洗濯。唯一、胸を張って好きと言える家事。これも、私にとっては、「癒し」なのか。

 

 映画で泣くのもいい。「ウォルター少年と、夏の休日」も、思いがけず、ほろりとさせられました。サー・マイケル・ケイン&ロバート・デュヴァルという2人のアカデミー俳優プラス、天才子役ハーレイ・ジョエル・オスメント君の組み合わせの妙といった感じか。少年は、老人の話す荒唐無稽な昔話に引き込まれるが、一体この話は、真実なのだろうか?というストーリーから、私は、テリー・ギリアム監督の「バロン」を連想したけれど、他の方のレビューを拝読したところ、ティム・バートン監督の「ビッグ・フィッシュ」にも似てるらしい。それでも、楽しく見ました。良かったです。

 

*オススメサイトへのリンクです*

「探検ロマン世界遺産 絶景!これがみたい ベスト30」 公式サイト

|

« 暑ぅござんす~♪ | トップページ | 麗華さん、ありがと~w。 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

アニメ・コミック」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/11125795

この記事へのトラックバック一覧です: 浄化:

« 暑ぅござんす~♪ | トップページ | 麗華さん、ありがと~w。 »