« 旅行き | トップページ | 2007春旅・大阪編 »

2007年5月27日 (日)

2007春旅・京都編

 20日の朝日新聞を読んで、急遽、京都に行くことにした。

 

 25日朝、偶然コシノジュンコさんと同じ新幹線に乗り合わせて、京都着。大粒の雨が降る中、何はともあれ、相国寺。1ヶ月の間に、1府2県の3つの美術館で若冲を見ることになりました。

 

 入場制限こそありませんでしたが、館内は、大変な人出で、まさに蝸牛の歩み。展示された品々は、天明の大火で奇跡的に焼け残ったもので、家康自筆と言われる黒コゲの棟札からは、見えざる力の働きを感じる。お寺の近隣に住む富商の夢枕に立ち、発見されたという毘沙門天も印象深い。

 

 「牡丹・百合図」の前では、若いカップルの彼氏の方の、「小鳥の瑠璃色が綺麗だね」との感想に、彼女、「瑠璃色って、赤じゃないの?」とすっとんきょうなことを言い。

 

 その他、鹿苑寺蔵の「葡萄小禽図襖絵」など、水墨画が中心に飾られた第1展示室の、モノトーンの世界を通り抜けると、第2展示室への入場制限。

 

 列は、にじる様に進み、20分程でいよいよ「釈迦三尊像」と「動植綵絵」三十三幅の前へ。禅の修業を積みつつ、10年の歳月をかけて描かれたという作品群は、まさに圧巻、本物のド迫力。静かな美術館で、心行くまで楽しめたらと思う一方、皇室で人目に触れず管理されたからこそ、美しさを保てるのかも、とも思う。画業への飽くなき探究心に信仰心が加わり、お金と時間と情熱の全てを注ぎ込んだ観。人いきれでむんむんしているからだけではない、匂いやエネルギーのようなものが、絵から立ち上ってくるような感じだ。

 

 Matsumuro 結局、見終わるまでに2時間半以上かかってしまい、慌てて予約していた「松むろ」へ電話し、遅れる旨を伝えて、ダッシュで移動。注文したのは、お重に入った「大徳寺縁高御膳」、20もの季節の品が盛られていて、美しいの一言です。揚げた空豆や、独活(多分)の酢漬け、笹の葉寿司など、どれも美味しい・..:*。:゚(.*´Д`*).。・:*:・゜。ご飯は、薄っすらと茶色く、味ご飯になっていて、瓢箪の型抜きなのですが、全く固くなく、口の中でほろっとほどける。お吸い物には鱧、お造りにもまた、梅肉の添えられた鱧。水菓子は、巨峰、マンゴー、砂糖がまぶしてある苺でした。

 

 個室だったのと、遅刻の申し訳なさも有って、お料理について詳しく伺えなかったのが心残りでした。お品書きがいただけると良かったんだけど…。帰り際、松室さんと思われる方が、入り口までお見送り下さり、恐縮しました。

 

Goo

 

 さて、今年は、亥年ということで、行きたかった「護王神社」。門前と境内、それぞれに狛"猪"。手水舎にも霊猪が鎮座ましまして、鼻を撫でると幸運になるということらしく、てかっている。夜、「時効警察」の謎解きで、霧山君が、同じようなことを言っていて、余りのタイミングの良さに笑ってしまう。

 

 Koicha 休憩には、前回改装中だった「嘉木」へ。お濃茶「雲門の昔」1,050円 を注文。お濃茶を飲んだとこの無いダンナに、是非飲ませてみたかったんだ~。ダンナは、練られたお茶の苦さに目を白黒させていて、思惑通りの反応でした(*^^)v。添えられた「末廣菓舗」のわらびもちは、「嘉木」のための特製品だそう。残ったお濃茶で、薄茶を点てていただくことが出来、2度楽しめます。

 

 その後、もうひと頑張りして行った「晴明神社」では、境内で撮った写真が全てぼやけていて、ムード満点。雨の日の夕方だからだろうけれど、「晴明神社」の以外の場所で撮った写真は、鮮明だった。

 

 夜は、「イノダコーヒ」で、ビーフカツサンド&カフェオーレ。前回は、お昼時で混雑していたので、夜にしてみたら空いている、正解でしたw。アラビアの真珠・400g缶入をお土産に購入。

 

 5月にリニューアルされたばかりというホテルへ。フロントで、予約しておいた禁煙ルームが満室と言われ、唖然とする。結局、お詫びということで、ランクアップした客室に案内され、呈茶券もいただいたが、う~む。さっき「イノダコーヒ」で飲んだばかりのコーヒーを、ティールームでまた飲むと、添えられていたクッキーが、思いがけず美味しくてハッとする。これは、コーヒーに合わせて作られた特製のもので、販売していないとのことでした。残念。1日目は、これにて終了~。

 

<関連記事>

2007春旅・大阪編

2006夏旅・京都編

 

*オススメサイトへのリンクです*

承天閣美術館

護王神社

一保堂茶舗

晴明神社

INODA COFFEE WEB SITE

|

« 旅行き | トップページ | 2007春旅・大阪編 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101392/15429185

この記事へのトラックバック一覧です: 2007春旅・京都編:

« 旅行き | トップページ | 2007春旅・大阪編 »